酒粕を引き続き愛用しています オールレーズンに挟む、純酒粕酢で酢漬けレーズン、無糖あずき入りバナナジュース

Pocket

酒粕を引き続き愛用しています オールレーズンに挟む、純酒粕酢で酢漬けレーズン、無糖あずき入りバナナジュース

冬の間に酒粕を色々活用していました。

酒粕をちぎって色んなものに投入中 炊飯時・ホームベーカリー・オートミール雑炊などおいしかったです

いま酒粕を色んなものに入れています 特によかったもの→ラ王担々麺、チャイ&カフェオレ、バナナジュース、豊盃の酒粕パックなど

ミロに酒粕を混ぜたらとてもおいしかったです 田酒と醸し人九平次の酒粕で作りました

加熱するとアルコール分が飛ぶので日中でも酔っぱらわずにすみますが、暑くなってきたことですし休日限定で加熱せず冷たいままでも使ってみました。そこら辺にあるものでそんなに手を加えず結構おいしいものができたので、またやってみます。

オールレーズンにはさむ

以前、オールレーズンKiri(クリームチーズ)をはさんだものがおいしいときいて


レーズンではなくオールあずきミルクですが、やってみたら簡単な上にすごくおいしかったです。

まだ少し残ってたので、Kiriと酒粕をはさんでみました。

酒粕はお酒のつまみ、Kiriは朝ごはんかお茶するときにもよさそうです。

見た目も私の好きな感じで、デパ地下で調達したような満足感があります。ズボラでめんどくさがりでアレンジ用に何か買っても結局やらずにバラバラで食べてしまうのですが、開けて口に入れる前に挟むだけなのでこれなら私でもできそうです。

期間限定だったオールあずきよりオールレーズンのほうがわかりやすいためオールレーズンと書いたものの、実はレーズンではまだやってません。タイトル詐欺で申し訳ないですが、レーズンも間違いなくおいしいはずです(レーズン嫌いの方除いて)。オールレーズンは私と同じくsince1972で50周年で、おめでとうございます。限定のパインもおいしそうなのでまた買ってみます。

バナナジュースに井村屋の無糖のあずきと一緒に入れる

以前買った井村屋の無糖のあずき 栄養たっぷりですが無糖なのでうまく使いこなせず、

3袋入りで1つだけ食べて放置していたものが発掘されました。ほんとうは料理でも使えるし応用範囲は広いはずなのですがごめんなさい。

完熟バナナを見つめてたら、バナナジュースに入れたら栄養価アップするうえに甘味も中和されていいのではと思い、酒粕と一緒に投入しました。

すぐ飲んでしまって写真が無いのですが、甘さ控えめの飲むあずきバー バナナ風味のような感じでおいしかったです。色も薄いあずきバー色で、飲めるので歯を傷める心配もありません。小豆の栄養もとれるのでまた見つけたら買ってきます。あずきは半量でもよさそうです。

純酒粕酢 三ツ判山吹で酢漬けレーズン

以前買ったミツカンの三ツ判山吹という酒粕でできた、ミツカンの元祖ともいえるお酢

酒かすからできています。

お酢そのものにうまみがあり、すし飯は砂糖や塩など入れずこの酢だけでもおいしいと聞きました。以前作ったらおいしかったです。高級な握り鮨で使われる赤酢なので、すし飯もほんのり色づいて高級感が出て、お高い酢でしたが砂糖や塩など使わずに済むのでいまはこの酢をメインに使っています。

おすすめレシピの中でもダントツで簡単だったのが、酢漬けレーズンで、これだけ作りました。ただレーズンを酢に浸すだけで10分でできます。瓶に入れて注いで常備しています。これも砂糖など足さなくてよくて、レーズンと酢のうま味だけでとてもおいしいです。ケフィアヨーグルトと一緒に頂いてます。

また混ぜるだけでおいしい食べ方を日々探し求めて酒粕を愛用します。

【昨日の一日一新】

・シャムロック

・ミルクブリューコーヒー

少し前のモロトメさんのブログで知って、自作もできるとのことでやってみました。おいしかったです!ちょうど昨日のブログでも詳しく書かれていました。わたしはパックに粉を入れて濾しましたが、またパックに入れてもやってみます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする