中小機構の無料アプリ“経営計画つくるくん“を使ってみました 最短30分で経営計画がつくれます

Pocket

中小企業基盤整備機構が提供しているアプリ、“経営計画つくるくん”というのを見つけました。

先日の記事にも追記しましたが、アプリをダウンロードして少し作ってみました。

最短で30分ぐらいで経営計画のアウトラインがつくれます。何から書いていいのかわからないとき、これにそって内容をうめていくと自然と出来上がります。

まず、アプリをダウンロードします。この3種類が提供されています。(画像からリンクはしてません)

iPhoneではできないようです。AndroidはタブレットもスマホもOKです。

パソコンでやってみようと思いましたが、マイクロソフトアカウントがすぐわからず諦め、スマホでやってみました。Google Playで検索してもOKです。

初期設定で1点だけ注意です。“当端末で設定しているメールアドレス以外”のアドレスを推奨となっています。送信後次の画面に行きますが、

このとき同じ端末で同時にメールを開いて仮パスワードを見て戻ると、またメールアドレス送信の画面に戻ってしまいます。

仮パスワード自体は何度送っても大丈夫(ただし使うのは一番最後に届いたもの)ですが、なかなか進みません。

早ワザでうまくできるといいですが、できれば別の端末でも(Gmailとか)見られるメールアドレスでやると便利かと思います。その後このアドレスはパスワードを忘れた時などに使うようです。

パスワードを設定後、こちらの画面になってスタートです。(パスワードは5回間違えるとロックがかかります)

最初に各ストーリーを研究するとよさそうです。私はこれから見ますが、クイズを交えてわかりやすく作られています。

屋号を作ってスタートです。

①から順番にQにこたえていくと、完成します。

このあたりはまだ最初のほうです。

徐々に文字に落として目標などを書いていきます。

自分の業種に置き換えて書くのがちょっと難しいですが、こういう基本的なパターンで多面的に分析することができるので、ここでまずたたき台を作るとよいかと思いました。

途中まで作って、あとから続きも作れます。同時に複数作れますし、削除もできます。

メール送信もできます。送ろうとしましたが、固まって動きません。また追記します。

無料でわかりやすく作られているので、これから補助金や特例を申請する際(経営力向上計画など)のとっかかりになると思います。商工会議所の経営指導などでも使われているそうです。

まず自分でいちど完成させてみます!

【昨日の一日一新】

経営計画つくるくん アプリ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする