メイク魂のその後

Pocket

メイク講座から1週間。その後練習を重ね、やっと覚えられました。短時間でスムーズにできるようになって、ちょっと楽しいです。

工程は5つ増え時間もかかるが楽しい

今まで最低限の化粧品でちゃちゃっとしていたのですが、新しく買い直してお直しの工程が増え、このベースメイクでプラス3工程(真ん中の3つ)

眉とアイシャドウは2工程増えました。(アイラインは使ってないので実際はプラス1)

次回でリップメイクと総仕上げを教えてもらうので、まだあと2、3工程ぐらい増えそうです。

習った直後は

「これを毎日するのか、よっぽど特別な日じゃないとやれないかも(+_+)」

「荷物も増えるし時間もかかるので旅行には無理だなあ」

と思ってましたが。最初こそ1度目の講座後の練習不足で思い出すのに時間はかかったものの、徐々に慣れてコツをつかみ、トータルでも10分少々でできるようになりました。

また同じ頃に友人からちょうどいい大きさのスリムなポーチをお土産でもらいました。鞄に入れてもそんなに邪魔じゃないので持ち歩けそうです。

自分が実践に落とし込めるレベルのテクニックと商品を伝授してもらえたのがよかった

今回、ここで学んで正解だったと感じたのは、

「私がこれから自分で毎日メイクをするにあたり、無理なく実践できるレベルのテクニックと私に合った化粧品を伝授してもらえた」

ことです。

不器用でめんどくさがりな私が、もっと難しい技を教えてもらったとしても、毎日のことなので、きっと覚える前に嫌になるか、再現できず早々に諦めてしまうと思います。

もちろん高度な技を教わればもっと仕上がりよくなりますが、まだ技術がおぼつかないので今は最低限の基礎だけを自分ですることにしました。

技術力の不足はアイテム選びでカバーする方法を教わりました。

例えば、アイシャドウはほんとはこれが気に入っていたのですが

(画像はルナソルのHPからお借りしました)

この3色のグラデーションに心奪われました。が、これはめんどくさがりの私にはちょっと向いてないし、よっぽど絵心が無いとまぶたに反映させるのは無理です。そこで

(画像は私がパソコンの上で撮りました)

私には、ひと塗りしてあとは指で広げるだけですむアイテムを2種類紹介してもらいました。一度に2つ使うのではなく、どちらかで済みます。毎日同じだと飽きるので、クレヨンみたいなのと口紅みたいなのと2種類、どちらもアイラインなしでも済みそうな色を選びました。(なのでアイラインは使ってないですが、練習もしなければ(^^;))

高度な技が要るときは、やってもらうことにします。もしその後もっと興味が出てきたらそれから習えばいいかなと思ってます。

自分で再現できることが大事

今回は“再現性“を優先して教わることができてほんとによかったです。

1週間たってだいぶ慣れて、自己流がすこし入ってあちこち手抜きもしてますが、これぞマスターした証なのでは!?両手でタタタっとできるようになったり、上手になった気がします。

こんなに自分が1歩前進したと感じた講座は久々かもしれません。学んでから自分で再現できたのが嬉しくて、当たり前ですがこれぞ個別講座の醍醐味だと思いました。

私はサボリ癖があるので教わってもなかなかマスターできないのですが、自分で再現する重要性&喜びにやっと気づけました。今後は自分で再現できそうか否かで学ぶ講座も決めようと思います。

今回はメイクのことで書きましたが、日々の記帳や勉強やブログなど、あらゆることに通じるなあと改めて感じました。(無理やり仕事にもっていった!)

【昨日の一日一新】

・ライラック 抹茶チーズタルト

名古屋の本山のグルテンフリーケーキのお店です。仕事で寄った四日市駅にいま出店されていたので買ってみました。美味しかったです。

・マエボン サイン本届きました!これからゆっくり読みます。

昨日のドラフト会議のおかげで、名古屋の方みんなウキウキしています。来期が楽しみです。阪神も!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする