九重味淋の運営するショップ石川八郎治商店に行きました みりんソフトクリームがおいしかったです

Pocket

先日、碧南市の九重味淋(ここのえみりん)に行ってきました。

土曜はビール工場でしたが、ときどきいろんな工場見学をしています。

2018年の夏に創業者の邸宅をリニューアルして、カフェ&レストランK庵と物販のお店石川八郎治商店が出来ました。先日行った藤井達吉現代美術館の向かい側にあります。去年金原米穀さんに行ったときはまだできてませんでしたが、今回めでたく入れました。

こちらが藤井達吉現代美術館で、

道の向かいがK庵&石川八郎治商店です。

名鉄の碧南駅からも歩いて5分ぐらいです。どちらもとてもすてきで、ここに立ち寄らずに通り過ぎる人なんていないのでは。藤井達吉で魯山人を見終わった方も、ほとんどの方が出るなりこちらに移動されていました。魯山人の企画展でもK庵とのコラボイベントをされてたので、まさにwin-winです。

案内図はこちらです。事前予約をすれば平日のみですが工場見学もできます。

会社の門構えも

お庭もとてもすてきです。これだけでもう、来たかいがありました。

こちら、石川八郎治商店の入口です。K庵と石川八郎治商店は中でもつながってました。

九重味淋自体は創業250年ですが、石川八郎治さんは1900年のパリ万博にみりんを出品したりしてみりんをさらに広めて、中興の祖と呼ばれているとのことです。

入ってすぐのところに、みりんの熟成による変化がわかるサンプルがありました。

手前が9カ月、映っている一番奥が2年です。段々濃くなってます。おいしそう!

実際、みりん風調味料ではなくてちゃんとした本みりんは甘くて、飲んでも美味しいです。(飲んでます)乙類焼酎ぐらいの度数で、アイスにかけてもいいです。

沢山売っておりました。飲む用に樽で熟成させたのもあってすごく迷いましたが、

本みりんも焼酎も家にあるので今回はパスしましたが、また買いたいです。ぶれてしまいましたが、みりんの試飲もできます。

なんとみりんのソフトクリームがありました。

アルコール度数も運転ができる許容範囲なので、車で来た方も大丈夫です。

砂糖とは違う甘酒みたいな麹の甘みで、美味しかったです。

もう食べてしまいましたが、みりんを使った水ようかんと芋けんぴも買いました。そちらもいつもの砂糖の味とは違って美味しかったです。

ジャムなども砂糖ではなくみりんで煮詰めたものが売ってました。みりんで色々できるんですね。

もしかしたら余った梅酒でも同じようにできるかしら?いくら熟成してもおいしくない梅酒がずっと残っているので、今度やってみようと思います。

甘いものだけでなく、体によさそうな食べ物が沢山売ってました。入口のパネルより

このかき氷めちゃくちゃおいしそうです。食べてみたいです。

激辛好きの方、半殺しという激辛商品(スープやスナック菓子)もありました。

記念写真も撮れます。

こちらが時代館です。工場見学ができます。

三河地域は本みりんの産地で、また半田にはミツカンがあり、岡崎は八丁味噌といろんな蔵が沢山あります。全部見学施設もあり、(前にミツカンミュージアムに行きました)、おいしいものを食べつつ買いつつ勉強もできておすすめです。こんど行きたいのはおやつタウンです。

【昨日の一日一新】

・ディアナチュラ 濃縮ウコン

起きて後悔するような目覚めでした。飲んだら二日酔いがみるみる良くなり、なんとかブログが書けました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする