今年も水出しのお茶の季節 新たに麹水も作り始めました 甘酒より簡単でさっぱりしておいしいです


一昨年ぐらいから夏には水出しのお茶を毎日作るようになりました。

水出し、ミルク出し、炭酸出し

今年は水出しのお茶とミルクブリューコーヒーをエンドレスでつくっています

炭酸出しのお茶も簡単でおいしかったです

それまでホットばかり飲んでいて、水出しといえば焼酎の前割りぐらいでした。いちど作り始めたらおいしくてはまりました。

今年は暑いので5月ぐらいから作っています。いまは緑茶がメインですが、最盛期は麦茶、紅茶、ルイボスティーなどカフェイン有り無しのお茶を500mlぐらいずつ複数&交互に作ります。ズボラな私でも、簡単でおいしいので水出しだけは労を惜しまず毎日こまめに作れています。

水出し以外にも去年は牛乳出しのコーヒーや、炭酸出しのお茶も作り始めて夏の飲み物のバリエーションが増えました。無糖の飲み物が好きなので家で簡単に作れるのはありがたいです。作り方が複雑なのはお店で買うとして(タピオカドリンクも一度作りました)、茶葉+水分でできるものをメインに、今年もエンドレスでつくる予定です。

麹水 米麹を水につけるだけ 栄養豊富で甘酒よりさっぱり

もうこれ以上水出しでできる簡単でおいしい飲み物なんて無いんだろうな…と思っていたら、米麹を水につけてつくる『麹水』というのがあるのを最近知りました。

【麹屋が解説】麹水のつくり方と効能、甘酒との違いについて|麹屋もとみや

糀(こうじ)水の作り方||marukome

簡単!”こうじ水”の作り方|マルカワみそ

甘酒よりさっぱりしていますが栄養も豊富で、しかも作り方も水出しのお茶と同じく水につけるだけで簡単です。検索したら沢山出てきました。

日本酒も好きなのになぜ気づかなかったのか…。実は以前ほうらいせんの麹を、甘酒か塩麹かお味噌かなにか作ろうと気合を入れて買ったのですが、賞味期限が切れたまま残っていました…。

(賞味期限は超えすぎていたので隠しました)

大切な米麹の素晴らしい調理法がやっと見つけられてよかったです。賞味期限切れゆえ多少風味は落ちますが、麹の力を信じ、しかも自分で飲むので自己責任ですし気にしないです。

麹は生でも乾燥麹でもどちらでもよくて、作り方も麹をお茶パックに入れるか入れないかぐらいの違いで水につけて8時間冷蔵庫で完成、とほぼ同じでした。同じ麹で麹水は2,3回作れて残った麹もご飯を炊くときに一緒に炊けばOKで、他にも活用法は色々ありました。

少量ずつ作って飲んでます。甘さ控えめでさっぱりしておいしいです。スポーツドリンクやOS-1にも似た風味です。

甘酒は夏の季語ですが、夏だと甘酒よりこちらの方がさっぱりして飲みやすいと思います。栄養ドリンク代わりに作ります。

おかげさまで麹はもうすぐ無くなりそうです。米麹はスーパーでも買えますし、板状のや色んな麹を買って作ってみます。使い終わった米麹はお米と一緒に炊きました。白米、玄米、炊き込みご飯とどれもおいしかったです。

暑いのは苦手ですが、水出しの飲み物だけは楽しみです。麹水は栄養もたっぷりなので夏バテ防止に毎日飲もうと思います。

 

【昨日の一日一新】

黒糖抹茶スキムミルクラテ 自作
抹茶ラテも残った抹茶が美味しく頂けてはまってます。スキムミルクをシェイクしてつくったときの泡がすごくおいしかったです。

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した名古屋在住の女性税理士&唎酒師です。今のところお仕事以外のことをメインに書いています。