元・上司に共著の本を進呈 感想はいかに

Pocket

勤務時代の元上司に、先週おそるおそる共著の本を送りました。

私はその事務所でしか働いたことなかったので、私の原稿の大半がその上司のネタです。

ブログも1週間に8日ぐらい登場します。

うそです、ネタに困ったときに笑い話をこっそり載せていますが(桃とかザビエルとか)、そろそろなくなってきました。また思い出さなければ…。

本が出る前に、というか原稿を書く段階で確認しようかちょっと迷いました。

出回ってから言うなんてずるいですね(^_^;)

でもほんとに先生とその事務所以外に書くことがないので、万一断られたらほんと困ったことになるのです。それに私にも言論の自由もありますし!

よって聞かずに強行しました。

絶対に本のことは言わないし言えないし言うつもりもない、と思っていました。

この本は読者が限られるマニアックな本ゆえ流通量も少なめで、本屋さんにも大きいところでないと置いてないですし、私から言わない限りきっとばれないはずです。

先生は読書好きですが歴史や語学の本がメインなので(税務の本はそんなに買ってなかったです(^^;))、気づかれない自信はありました。極秘出版&隠し本のままでいくつもりでした。

でもほんとにこのままでいいのか。あんなにお世話になったのに。いや、と言うよりも書いていく過程で、当時ものすごく心を砕いてもらっていたことにやっと気づけたのです。

なので、散々書いておきながらコソコソ隠し本にするのは卑怯ではないか。かと言って内容を気に入ってくださるかは全く自信はないです。それでもやはりお伝えするのが誠意ある対応なのでは…とやっと気持ちを切り替えました。(遅っ)

一応悪口は書いてないつもりですが、北海道のこととか書いてしまったしな、と思いながら…。(内容は本でご確認ください)

本当は昨日お会いする予定で(仕事の関係上月イチで会っております)、そのときに直接渡そうと思っていたのですが、キャンセルになったため先週郵送しました。

今週になっても特に連絡はありません。月曜日に電話をしたのですが、出られず折り返し電話もありませんでした。

ああ、やっぱり怒ってみえるのかな。無理もないよな。で、昨日またお聞きしたいことができたので、もう一度かけました。

普通に出られて、いつも通りの会話でちょっと安心。とくに本のことは言われなかったのですが、機嫌悪くもない感じだったので、最後に聞いてみました。

そしたら、「ああ」ぐらいのあっさりしたお返事。

よかったです。いつものつれない感じで安心しました!

もしかして、「バッカモン!!!」と波平さんばりに怒られるんじゃないかと心配でした。

ひょっとしたら北海道のくだりは読まれてないかもしれませんが、とりあえず肩の荷が下りました。もしまだなら永遠に読まれませんように!!!

来月はあともうひとりのボスにお渡ししようと思います。この方のほうが緊張します。

不義理はよくないと思い始めたので、私なりに誠意をもってお伝えする次第です。

しかしリアルで長年親しくさせていただいていた方ほど、本もブログも伝えづらいですね。両親には言いましたが、親戚や弟&甥には絶対に言わないつもりです(^_^;)

こんな屈折した思いは私だけかと思いましたが、実はめがね税理士さんも同じだったということをこないだ知って安心しました。

【悲報】家族のほぼ全員にブログを見られました

でもバレるとものすごいショックなのですね(+_+)そのときの気持ち、私は受けとめられないと思います。今後無きにしも非ずなので、到来してほしくないXデーに備えこれから気持ちをととのえます。

しかし、自分で書いて自分から全世界に公開しておきながらも読まれたくない、というこのややこしい心理はいったい何なのでしょうね。「押すなよ!押すなよ!」ともまた違うんです。

とりあえず上司にはお渡しできてよかったです。

【昨日の一日一新】

・ガスト 具だくさんフルーツヨーグルト

ほんとにフルーツたっぷりでおいしかったです。クーポン使用でドリンクバー単品より安くなりました。

・勤務時代の上司に本の感想をきく→とくになし

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする