平成28年度の研修受講時間は55時間でした

Pocket

昨日、税理士会から平成28年度の研修の受講記録が届きました。

税理士会の会則に、年間36時間の研修受講義務が定められています。

特に罰則はないですが、今後36時間をクリアしているかどうかは日税連HPにて公開されるそうです。

私の場合、55時間でした。

去年は、『登録時研修』という税理士登録の際に受講する3日間の研修で20時間近く受講したので結構時間稼ぎしております。

ただ、会場に行きやすく独立後は時間の融通も効きやすかった私でも、それなりに大変でした。今まで全く研修に行ってなかったため、税理士会の研修は独立後可能な限り全部行くようにしています。

ただ人気の講座は受付開始直後で満員になりますので、申し込めるかどうかで運命は決まります。(もっと定員を増やした方がいいかも…。)

ほかに支部会時の研修やインターネット受講、税理士会主催以外でも認定された研修や、自分で主催した研修(認定されたものに限る)ならポイントアップ、などいろいろあるので、自分に合った方法で受講していこうと思います。

このインタビューで概要が書いてあります。

年間36時間の研修受講義務化にともない より受講しやすい研修環境を整備(日税ジャーナルオンライン)

税理士会員の資質向上の一助に、とインタビューにありました。

税理士は、専門分野や仕事のスタイルが人によってさまざまなため、こういう一律36時間受講義務がすべての先生にマッチするかは?なとこもありますが。

ただ私のような独立したての税理士には、研修時間そのものが資質向上に直結しそうで(本人次第ですが)ありがたいです。

講師の先生だけでなく、参加者の方から醸し出される場の空気を感じるのが、私にとってはよい経験です。こうやって税務会計の香りが作られていくのかな(^^;)

税理士はほかの資格と違って更新がなく、形式的な条件さえ満たしていればずっと継続できます。その分自由に仕事ができ、事務所を大きくするのも、ひとりでやっていくのも、一般企業にいながらやっていく人も。

また私みたいに20年ほっとくのもアリ?というか可能です。

仕事の仕方で報酬も知識も環境もかなり違います。

36時間の研修にせよ、どう生かすかは全部自分次第だと改めて感じました。

【昨日の一日一新】

尾張屋 おとしぶみ

5月は税務調査や5月決算で忙しく1カ月休み、久々のお茶のお稽古でした。

ほんとはそういうときにこそ通った方が、心が落ち着けていいでんですけどね。

お点前はおろか、教室の部屋までまちがえそうになる忘れっぷり(^^;)

でも美味しいお菓子でリフレッシュできました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする