和菓子教室 夏のコース第1回目でした

Pocket

昨日は夏至の日。和菓子教室もちょうど夏のコースが始まりました。冬コースから初めて受講し、これで6回目です(1回休みました)。今回から土曜日のコースも新設されました。

二十四節気に合わせ、季節を少し先取りしたお菓子を作ります。今回は小暑(7/7~7/22頃)と大暑(7/23~8/7頃)に合わせ、朝顔と向日葵を作りました。

かまぼこと卵焼きみたいですが、左がういろう製の朝顔(小暑)、右がきんとん製の向日葵(大暑)です。

いままでもういろう製ときんとん製のお菓子は何度か作りました。

同じような材料でも、色や形を少し変えるだけで、季節を感じられるお菓子になります。

2月は、桜をイメージしてこんな感じのお菓子でした。

3月もこんな感じです。

今回は向日葵です。ちょっと見えにくいですが、左の平たくしたあんこは水分を飛ばした火取り餡(家で作る場合はこしあんをレンチンでOK)です。向日葵の種のところに使います。

右下が、中に入れるこしあんです。

きんとんをつくるところです。着色した白餡を、竹の通しで一気にそぼろ状にします。

これが向日葵の花びらになります。これからお箸でくっつけていきます。

こちら、先生がきんとんを作ってみえるところです。

結構難しいです。数をこなさないとうまくならないとのこと。何でも一緒ですね。

次は、朝顔です。ういろう生地を蒸します。こちらは花びらのピンクと根元の緑の部分です。

白いういろうも別途蒸しました。木べらでしっかりつつきながらまぜて、1つずつの大きさに丸めます。こんな感じです。

くっつけてから平たく広げます。

広げてから、緑色の生地を内側にくっつけます。右があんこで隠れるほう、左が見える方です。薄く透けて自然なグラデーションを出すため内側からくっつけました。

あんこを置いて2回たたみ、根元をぎゅっと下から絞って完成です。

どう見てもかまぼこですが、朝顔です。

余った生地で、あんこなしのものも作って持ち帰りました。ういろうだけでも美味しかったです。

水出しのお茶と一緒に頂いて、美味しかったです。

いま、両口屋さんではアイス千なりというのを売っているそうです。

アイスがあるのは知りませんでした。今度買ってみます。

今回も楽しかったです。また次回も楽しみにしてます。

【昨日の一日一新】

和菓子 向日葵、朝顔

まだそんなに使ってないボールペンの芯が書けなくなって、見てみたら先だけが減っていました。たっぷり残っているのに…。

遠心力で直せる、みたいなことを聞きましたが、難しそうだったので差し替えを買いました。

どうしてこんな減り方をしたのか謎です(^^;)

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする