和菓子教室4回目でした

Pocket

昨日の午後、和菓子教室に行ってきました。

春のコース2回目です。二十四節気にちなんだ和菓子を少し季節を先取りして作ります。

前回はお花を形どった和菓子でしたが、今回は少し季節が進み、新緑の香り漂う緑色の和菓子でした。

左が“卯の花”、右が“若葉”です。

卯の花は二十四節気の“立夏”(新暦5/5~20頃)をイメージしたお菓子です。

桜餅(関西風)でよく使われる、道明寺粉(もち米から作った粉 また説明します)で作られています。

卯の花=おから、しか知らなかった私ですが(^^;)

ウツギという木の花も卯の花というそうで、多分見たことがあると思います。

4月を卯月というのは、卯の花が咲く時期だからとのことです。卯の花が咲くと夏が来る、と言われていたそうですが、年々咲く時期が早くなり、ぼちぼち咲いているそうです。

簡単に作り方を説明します。

道明寺粉に、色付けした水を入れて

混ぜて蒸します。

蒸したら砂糖を入れてから、練ります。つきたてのお餅みたいな、よいにおいがしました。

小分けしてからあんこを包みます。

氷餅という粉をちらして出来上がりです。

左上は余った生地で、あんこが入っていませんが美味しかったです。

次は“若葉”です。ういろう生地で作ります。

ういろうといっても、棹で売っているういろうとは作り方も材料も違うとのことです。

(素人の感覚で書いて申し訳ないですが)ほぼ、皮から作る餃子のような作り方で、出来上がりも小籠包みたいになりました♪

白いのがういろう生地です。時間の関係で、蒸揚がった生地を頂いてのスタートです。餅粉や浮粉などを混ぜて作られてます。

丸くのばして

包みます。

ピントが合ってませんが、五角形に包みました。

このあともう一度蒸して出来上がりです。

見た目もさわやかでした。

美味しかったです!

今回使った粉や砂糖についても教わり、それも面白かったのでまた書きたいと思います。

先生も面白い方で作るのも楽しく、できれば1年通して通う予定です(抽選が当たれば)。

【昨日の一日一新】

春の和菓子 卯の花 若葉を作る

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする