梅酒と梅干しを仕込みました

Pocket

昨日は、午前中に梅が届いたので早速梅酒を仕込みました。

梅干しはここ数年毎年作っていて、梅酒は5年ぶりです。

泡盛黒糖梅酒

ブログって覚書になりますね!

もう青梅は終わりかけてますが、ギリギリセーフでした。(後で気づきましたが、泡盛の度数間違えて30度の買っちゃいました 35度以上がおすすめです)

梅酒と梅干しを1キロずつ仕込みます

青梅と完熟梅を1キロずつ買って、青梅を梅酒、完熟梅を梅干しにします。

青梅はさっそく梅酒に仕込みました。

作り方は特に書きませんが、梅の売り場にある小さいリーフレットとかでばっちり出来ます。

完熟梅はあと一日待つと良さそうです。

通販の完熟梅

梅干しは1キロ追加!

その後スーパーに寄ったら、見切り品300円の完熟梅を発見!

プラムみたいな甘い香りで、こっちはすぐ使えそうです。

たった今下漬けをしました。

よい香りで思わず食べてしまいたくなりますが、傷んだのを少しかじったら梅干しより酸っぱかったです。

300円の完熟梅

2,3個は傷んでいましたがあとは大丈夫です。よい買い物をしました。

アク抜きをしてる写真ですが、しなくて良かったと後で気づきました(^_^;)

通販の方とどうちがうか、出来上がりも楽しみです♪

作り方はどちらも簡単です 作業時間20分

ちなみに、梅酒も梅干しも簡単です。

今回の作業時間はどちらも約20分。(梅干しは後日続きがありますが、それも簡単です)

20分のうち15分は梅を拭いてヘタをとる作業で、残り5分で焼酎と砂糖or塩を入れます。

実際に仕込んでわかったこと色々 私の覚書

思い付くまま書きます。

1.梅酒用には大きな瓶を買いましたが、梅干しはジップロックの袋で仕込み、漬けるのも冷蔵庫なのでカビも生えず簡単です(料理教室で教わりました 簡単でおすすめ!)。

2.スーパーで売っている梅の1袋がだいたい1キロです。

梅酒だとホワイトリカーを1.8リットル&氷砂糖を500gぐらい、梅干しだと塩を150gぐらい使います。

お店で一緒に陳列してあるホワイトリカーは一本使いますが、氷砂糖は半分余ります。

3.梅を500gずつにして、梅酒のアルコールをブランデーや泡盛(35度以上がいいです)に、砂糖を黒砂糖にしても面白いです。

4.梅干しも500gずつにして、塩を変えてみるのもおすすめです。ジップロックも、500gの梅だと中サイズの袋に入ります。

せっかく分けるので、最後に天日干しするときに混ざらないよう気をつけましょう。

【昨日の一日一新】

今年の梅仕事

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする