多治見市のモザイクタイルミュージアムに行きました タイルのアートが沢山 建物もおしゃれです

Pocket

多治見市のモザイクタイルミュージアムに行きました。

下調べしていなかったので、建物をみてびっくり!可愛いです。

6/4にオープンしたばかりです。

モザイクミュージアム外観

入口は右下です。

壁のアップ

DSC_1387

アップはこんな感じです。タイルや陶器のかけらが埋まっています。

入口自動ドア

階段です。登り窯をイメージされたそうです。

階段

タイルの作品や商品が沢山見られます。

四階のオブジェ、綺麗でした。

タイルは作品ではなく商品なので、撮影は自由です。最後に知ったので、もっと撮れば良かったです!

四階オブジェその2

壁面もおしゃれです。

四階壁面 昭和のタイル、まだ実家の流しにあります。

昭和のタイル

パンフレットその1

有名な建築家、藤森照信さんの設計です。あいちトリエンナーレでもお作品を拝見しました。

合併交付金で作られたそうです。

日本のタイルの7割ぐらいがこの辺りで生産されているそうです。

タイルは卵と並んで安くて値上がりせず、物価の優等生とのこと。

写真は昭和のタイルしかとりませんでしたが、タイルはシックなものから遊び心のあるものなど多彩で、組み合わせも自由でリノベーションに向いているそうです。

タイルの魅力が堪能できました。また行ってみたいです!

パンフレットその1

【昨日の一日一新】

多治見モザイクタイルミュージアム

帰ってから、残りの梅も良い香りがしていたので下漬けをしました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする