ジョンスメドレーを本国のアウトレット通販で約7割引で買いました 意外と簡単でおすすめです

Pocket

ジョンスメドレーというイギリスのニットのブランドがあります。

素材がよく、デザインもシンプルかつ素敵で憧れます。

大草直子さんの著書で知り、ほしくなったのですが日本での定価はカーディガンで約3万円…。気軽に買えません…。

ただし素材はすべて天然素材で、ファインゲージという上質で繊細な糸を使っているため、肌触りもよく、しかも丈夫で長持ちします。

本国イギリスのアウトレット通販は約8割引きです!

ここも中学英語の知識とと日頃鍛えたネットショッピングの腕があれば、ジョンスメドレー直営のアウトレット通販で買えます。

たいてい70~80%オフになっています!私が買ったものの中には84%オフのがありました。

送料や税金で別途4~5,000円かかるので、これで何か買えそうですが、ここでは仕入諸掛と受けとめて購入価格に含めて考えます。それでも70%オフぐらいで買えました。

会社の工場直送ゆえ安心で配達も早い 好みのものがあればおすすめです

アウトレットだけに商品は限定されていますが、会社直営なので確実に本物ですし、自分に合うものがあれば、本当にお得に買えます。発送も早く、3,4日後に届きます。

毎回発売する限定品(色やデザインが定番と微妙に違う程度)の在庫を売り切るまで並べるらしいので、正規品なのにこんなに下がるらしいです。

HPはこちらです。最近サイトがめちゃくちゃ重いです。ものすごい人気なのだと思います。

ジョンスメドレートップページ

商品の閲覧は、会員登録をしてログインすればできます。見るだけなら、アドレスとパスワードの登録だけで良かったはずです。

ジョンスメドレーログイン画面

男性用、女性用、手袋やストールなどの小物類があります。

ジョンスメドレー商品ページ

“NEW IN(新着セール品)”と“FINAL CLEARANCE(最終セール品)”があります。最終セール品も徐々に値下がりします。

素材別(もちろんall天然素材)やサイズ別など絞りこみができます。

ジョンスメドレー商品ページ2

サイズは日本のより大きめなので、私は1つ小さいのにしました。

手に取る機会があるといいのですが、なければ楽天などの通販(私もここにないカーディガンを1枚だけ買いました 並行輸入品なのでちょっと安いです)のレビューなどをみて参考にされるとよいかと思います。

決済はクレジットカードで、PayPalを使って精算しました。(流れに沿ってそのままPayPalの会員登録もしました。)

今回はニットを3枚買いました。

PayPalで確認したところ、通貨手数料込のレートで1ポンドあたり約135円で計算されていましたが、

商品代金86.67ポンド(11,700円)+ 送料16.67ポンド(2,250円)=13,950円

DHLに関税600円+消費税500円+DHL手数料1,080円=2,180円

合計16,130円かかりました。(これで3回目ですが前回より円高なので、少し安く買えました)

ジョンスメドレーDHL

1枚当たり5,376円で、私が買うニットとしてはちょっと高めです。

ミーハーで申し訳ないですが、これはそもそもジョンスメドレー。

イギリスの定価だと商品代金だけで424.17ポンド=約57,262円で、約4万円引きの72%オフになっていました。日本で買うとあと1万円以上高いです。(と、言い訳をしています。)

仕入諸掛と引き取りにかかる消費税も、計算こそしてますが自分で払うのはなかなかないので良い経験でした。大切に着たいと思います。

今回、一緒に通常の通販の20%オフクーポンも付いていました。

日本で買うときの半額近くにはなり、かなり心が揺らぎますが、アウトレットの3倍ぐらいします。でも定番品も欲しいので迷います…。

御殿場や幕張のアウトレットにもお店はあり、ほんとはここに行きたいです。近い方はぜひ!

【昨日の一日一新】

マルチ残高リーダーアプリ

色んな電子マネーの残高がわかるアプリです。

追伸 昨日の鶴瓶の家族に乾杯で、ふるさとが沢山紹介されていました。懐かしい!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする