退職から1年たちました 仕事の合間に独立準備でやったことを改めて振り返ります

Pocket

ちょうど1年前が退職日でした。

ほんとにあっという間です。1日や1週間は長く感じることもあった(とくに税務調査とか)のに、ざっと振り返ると早いですね。

私の場合、のれん分けで(屋号は変わりますが)お客様を引き継いで拠点を自宅に移しました。

場所と退職日が決まるまではすごく悩みましたが、お盆ぐらいに決心してからは、今思うとスムーズでした。

8月の1カ月間で仕事の合間にやったこと

・事務所見学(契約はせず)

・大家さんに交渉→自宅OK

・複合機や消耗品をアマゾンで購入

・ハンズメッセでファイル購入

・1日で棚を入れ替え

・机を動かしてスペースを作る

・職場の私物を手荷物で少しずつ持ち帰り

・餞別を買う

・退職日のお昼休みに新しい名刺を注文

・開業届一式を作成

・引き継ぐ書類を1時間ぐらいで詰め込み、自宅へ発送(5箱ぐらい)

このあとも定期券が残っていたので、引継ぎしがてら9/5までは通いました。

開業届と書類発送は9月に入ってからで、税理士会の変更手続きは大家さんからの書類が揃った9月半ばになりました。

事務所の移転費用は発送代だけです。

仕事は休まずに空き時間のみで、全部女手ひとつでできました!

方針が決まったらあとは実行あるのみ

やる前は何か特別なこと・多額の費用がかかるのかと構えていましたが、普通の作業ばかりで、かつお金もかからなかったです。

内容は違ってもやることは“決めて、選んで、実行する“の繰り返しです。ただこの方針決定が大事で時間をかける必要があります。少しですが、自分の手続きで学べて良い経験でした。

送別会の思い出

最後まで通常モードだったので、職場では「ほんとに明日から来ないって気がしない」ってずっと言われました。

また送別会の日程を先生が私に伝えるのを忘れていて、退職5日前ぐらいに思わず自分から聞いたのも懐かしい思い出です。

“やっぱり私なんて送別会開いてもらえるような人間じゃなかったんだ。長く勤めたけど寂しいな…“と、ひとり思い詰めてた時間を返してください。

大事な予定が入っている日だったので文句を言いましたが(笑)、ずらしました。先生からは何度もそういう目に遭っているので、別にいいんです…。また書きます。

アイキャッチ画像は、KITTE名古屋のラ・メゾン・ジュヴォーのモーニングです。

最後まで定期券を有効活用しようと、最後の2週間ぐらいは名駅・伏見で毎朝モーニングに通っていました。朝、ここの生ロカイユも買って餞別に追加しました。

【昨日の一日一新】

1.玉井屋 利休松風

左の方です。先日、右のやき鮎をさきに食べました。

こっちも美味しかったです!

やき鮎もそうでしたが、食べ始めるととまりません。丁寧に作られているので味わって食べなきゃ、とは思うものの、美味しすぎて無理です。

2.今年の新米

親戚でとれたお米です。三重県は早いところではお盆ぐらいに稲刈りをする地域があります。美味しかったです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする