元祖味噌カツ丼の店「味処 叶」さんに行きました いつか行こうと思い続けてあっという間に20年経過 行きたいところにはさっさと行きましょう 

Pocket

味処 叶さんに平日ランチで伺いました。

元祖味噌カツ丼 叶さん

一度行ってみたいと思いながらも、気づいたら20年以上たってました。ボーっと生きてんじゃねえよ!と自分にツッコミを入れた次第です。

場所がはっきりわからなかったのですが、よく通るメルサの裏側で、栄駅からも徒歩3分ぐらいでした。周りのお店もよさげです。

開店直後に入りました。まだお客さんは少なめです。ひとりだったのでカウンターに案内されました。情報番組のステッカーやサイン色紙が壁中に貼ってあります。

元祖味噌カツ丼は先代が考案されたとのこと。トッピングのねぎと、豆腐の味噌汁も追加しました。

(あさり汁は今お休み中みたいです)

5分ぐらいで出てきました。美味しそう!そして結構なボリュームです!

ちょっと見えにくいですが、真ん中の半熟卵は標準でついています。

このドンブリも結構大きくて、豚カツが7、8切れぐらいのっています。

ご飯の量も、豚カツの量がとても多いので相対的には少なく感じてしまいますが、気のせいです。食べたら満腹でした。とっても美味しかったです!

意外にもさっぱりしていて脂っこくありません。以前、他の味噌カツで不覚にも食べきれず、いまだ引きずっている私でも完食できました。

豚カツを揚げてから味噌で煮ていらっしゃるそうで、それで余計な脂がおちて食べやすくなっているみたいです。

なるほど、先に揚げてあるため、注文後出てくるのも早かったです。このあとどんどん混んでくるので、前もって少しずつ揚げてみえるようでした。

ちょうど昨日から通販も始まったようです。具体的な調理のコツもHPに載っています。自宅で味噌カツを作ることがあれば、このやり方でやってみたいです。(たぶん豚カツを買ってきて、味噌にからめるところだけになると思いますが)

ビジネス客も観光客もどちらも多いので、ひとりでふらっと入っても大丈夫です。歴史ある名古屋めしなので、おすすめです。

いつかは、と思っているだけではずっとできない

今回20年越しで行ってみて、気づいたことが色々あります。

いつか行こうと思っていたら、いつのまにか20年ぐらい経っていた

行こう!やろう!と意識しないとそのままになってしまいます。名古屋に少しずつ慣れ始めた頃に知り、それからもう20年経っているとは。同じ頃知ったお店にはもう閉店したお店もあります。行きたいとこ、やりたいことはさっさと着手しようと決めました。

平日のランチへの積年の執着がとれてきた

独立前の勤務地は住宅地の真ん中で、ランチする場所も少なくてほぼお弁当でした。

あるとき弟が「もうすぐ移動だから、○○のランチを食べ納めしとかな」みたいなことを言っていて、なんて自由な!うらやましすぎる、ずるい(T_T)と、そんな些細なところを妬んだものでした。そのお店がこの叶さんでした。やっと行けた!

もう今は自分で都合をつければどこでも行けますし、実際色々行っていて、やっと満たされてきました。

勤務してたときから、たまにでいいので少し平日に気分転換できる時間があればよかったかもと思います。私の場合は平日ランチでしたが、これに限らず、こういうちょっとした自由があると世の中のストレスも減るのではと感じました。

もっと早く会わないといけなかった人にやっと会えた

また会いましょうね、がずっと口約束になってしまっていた大切な友人ともやっと会えるようになりました。私が平日出られるようになったら全て解決した感じです。

とくに一昨日お会いした方とは、もっと早く会わないといけない方だったのですがずっとご無沙汰になってしまっていて、ほんとに“やっとかめ“でした!(名古屋人でも言いませんが)これから沢山お会いしようと思います。

もっと忙しい方でもずっとうまく回してらっしゃる方も多いのに、私は独立までも20年かけた超スロースターターなもので、こんなペースですが(^^;)それでもなんとか頑張っております。

【昨日の一日一新】

・味処 叶

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする