ハードコンタクトレンズを5年ぶりに買い替え 視力と角膜内皮細胞の検査を受けました

Pocket

めがねもコンタクトも長年使っています。

めがねが33年、コンタクトが28年です。裸眼時代よりもずっと長くなっておりました。

コンタクトを長年使い続けるのはあまり目に良くないかと思って、5年ぐらい前から仕事中はめがねをメインにしています。

でもコンタクトも手放せないので、最近ちょっと調子が悪くなってきたため、以前入っていたメニコンのメルスプラン(定額制のコンタクトレンズ利用サービス)に再入会して買い替えることにしました。

ちなみに私はずっとハードレンズで、今回もハードにしました。ソフトレンズも試しに使ったことはありますが、乱視の矯正が弱く、また慣れなかったのでギブアップしたまま今に至ります…。ゴミも出ずエコですし、このまま行こうと思っています。

前のコンタクトを5年以上使っていた

めがねを5年ぐらい前に買い替えたらすごく使い心地がよく、コンタクト使用頻度も減ったので、メルスプランは退会しました。せいぜい3年前かと思いきや、もう5年以上経っていてびっくり。これはいくらなんでも目によくないです。それにしてもよく無くさなかったとは思います。

お店の方の「コンタクトの“3年ぐらい?”は、実際は5年ですよ~よくあることです(笑)」に少し安心しつつ(安心してはいけませんが)、今回も眼のために最新の商品を選ぼうと思ってラインナップを見ました。

すると、ソフトは沢山あるのにハードは以前と変わってません。

今はソフトの方が圧倒的に人気なので、ハードはこれ以上新商品は出ないかもしれないとのこと。そうだったんですね。ちょっとショックでしたが、でも既に酸素透過性も極めており、完成形にたどり着いているのでこれで大丈夫とのこと。試しに装用してみたら、新品ゆえ手持ちのものよりずっと装用感もよかったです。

メルスプランの過去データ共有のおかげで矯正もスムーズに

さりげなく遠近両用を勧められたらどうしよう、もうお年頃だし受け入れようと臨みましたが、前回と同じレンズでホッ。

いやそういうことではなく、見やすくなることが先決ですね(^^;)自分の仕事や生活の環境によってどこに視力矯正のポイントを置くかで合わせ方が変わりますし。

私はパソコン使用時間が長いため近くをメインに、でも遠くも免許更新が通る程度に(今からマニュアル免許を受け直すのはムリ)視力をキープしたい、とわがままな本音を伝えました。測定してもらうと、同じレンズかつ前回よりもゆるい矯正でいいことがわかりました。矯正はゆるい方が目にはいいとのこと。ちょっとうれしかったです。

また、前回メルスプランに入っていたときの私のデータがあって助かりました。前回とは違う眼科でしたが、メルスプラン提携眼科ではデータが共有されており、しかも退会後5年経ってもデータが残っていて助かりました。

税務上の書類保存期間とも似ていますが、とくに医療関係のデータの共有&長期保存はとてもありがたいです。

月々2000円ぐらいの定額で(ソフトはもっと高い)、当時は痛い出費でしたが、目の健康のためにあえてこのプランにしておいてよかったです。

角膜内皮細胞数(黒目の細胞の数)も問題なし

眼科で目の検査をしつつ、隣のショップでコンタクトの手続きという流れで、途中気づかないうちに角膜内皮細胞数(黒目の細胞の数)の測定もしてもらっていました。年々減少していき、再生しにくいそうで、とくにコンタクトを長年使っていると減りやすいとか。

この前置きの後に、私の角膜内皮細胞数をハラハラしながら聞くと、右が3379個/m㎡、左が2877個/m㎡とのこと。とりあえず3000個前後あれば問題なしで(左がちょっと少ないですが)私も大丈夫とのことでした。黒目は血管がなく、水で栄養を受け取っているとのこと。そんな仕組みや細胞数のことなど分からずあとでヒヤヒヤしましたが、とりあえずよいレンズを使っていて良かったです。

リンク先は国際長寿医療センターの40代以上のデータですが、やはり細胞数は年々減っていきます。若い方でも、例えばカラコンを眼科の検診なしで自己流で使っていて目を傷める方も多いとのこと。皮膚と違って角膜内皮細胞は再生しないので、今後も気をつけたいです。

アイキャッチ画像は、以前行った刈谷のフレンチ小料理バルmeganeのメガネレンズシャンデリアです。めがねもひきつづき愛用します!

【昨日の一日一新】

1.お初のコンタクトレンズショップ

2.角膜内皮細胞数の測定

3.ロハコ 既にAmazon、楽天、モノタロウと利用しているので使ってなかったのですが、ここにしかない商品があったので利用しました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする