ファミリーヒストリーで紹介された、新城市の旧黄柳橋に行きました 舘ひろしさんのお祖父様 舘喜八郎さんが設計に関わってみえます

Pocket

先日のファミリーヒストリーで紹介された、新城市の旧黄柳橋(きゅうつげばし)に行きました。

舘ひろしさんのお祖父様の舘喜八郎さんが道路技師&土木技師として設計に関わってらっしゃた橋で、国の登録有形文化財に指定されています。

乗本という交差点のすぐそばです。TVで橋の写真をみた時はすごく山奥かと思いましたが橋を渡ると住宅地で、となりに新黄柳橋がかかっています。もしかしてこれまでも橋ということにも気づかずに通り過ぎてたかもしれません。

手前が旧黄柳橋で現在は歩行者専用です。奥がいまの新黄柳橋です。

橋の横に黄柳橋の沿革がありました。いまの橋は3代目で、旧黄柳橋が2代目です。初代は木組のアーチ橋で、2代目ができる大正7年まで使われてたとのことです。

2代目の親柱です。

乗本音頭の石碑です。

下に降りて行ける階段があったので、行ってみました。

降りていくと、川遊びしている方がたくさんいらっしゃいました。人気のスポットのようです。

上を通っているだけだと全く気付かないですが、下から見上げると見事なアーチです。この形状の橋で現存して、かつ今も使われているのはすごく貴重なことで、日本の宝だと番組ロケで取材された先生が興奮して語ってみえました。

舘喜八郎さんが設計に関わって現存している橋はこの旧黄柳橋だけですが、ほかにもいろんな橋の設計に関わってみえたと聞きました。再放送でもう一度確認して、落ち着いたらそこにも行ってみたいです。

新旧黄柳橋の間で撮りました。

旧黄柳橋を渡ってみました。

渡っているときは下の構造など全く意識しませんが、さっきみてきたのですごい橋を渡っているんだと緊張しながら渡りました。

黄柳川がみえます。

渡り切りました。

大正7年11月と書かれていました。

県や市のHPでも紹介されていました。じっくり見てみます。

旧黄柳橋:新城市

旧黄柳橋(登録有形文化財)キラツと奥三河観光ナビ

旧黄柳橋(きゅうつげばし)文化財ナビ愛知

NHKオンデマンドでも観られますが、再放送を心待ちにしてます。ご先祖様みな優秀でイケメンで、四日市出身のお母様のお話もよかったです。

ファミリーヒストリー「舘ひろし〜志を持って生きる〜」

【昨日の一日一新】

・サンモリッツ 中浅煎り珈琲豆 賞味期限間際(といっても来年6月)でVdrugにて100g198円で買いました。おいしかったです。

・ドゥエイタリアン

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする