最後の職場だったんですよ、と言われてハッとしました 今を大切に

Pocket

税理士事務所にいると、誕生日に敏感になります。(私だけ?)

給与計算、年末調整、確定申告、扶養控除など、お誕生日を聞かないことには始まらない業務が多いです。

もともと誕生日には敏感で、誕生日に関しては林家ペー&パー子さん夫妻並みの記憶力で、友人から伯父伯母まで、誕生日は覚えている限りメールします。

本人から「忘れていたわ」と言われたこともあり、またそう親しくなかった昔の知り合いでもなぜか誕生日だけ覚えていて、あの子の誕生日だったなあ、と何気なくひとりそっと思い出したりします。書いててキモいです。大事なことは忘れるのに…。

先日も、前に一緒に働いていた少し年上の方がお誕生日だったのでメールしました。いっぱいわがままを言って大変お世話になっていたので(^^;)、たとえ気持ち悪がられても送り続けようと思っています。迷惑…。

「あの職場が最後の勤め先だったので懐かしく思い出します。先生もお元気でしょうか」

ハッとしました。そう言えば私も同じです。

私にはあそこが最後の職場。たとえどんなにうらんでいても(恨んでません)。

みちのくひとり税理士旅。背でたち切る道しるべどころか、いまだ月1回お会いしています。

なんのことかわからなかったら気にしなくていいです。この曲を貼っておきます。

最後の、と言われると特別な思いがします。

当時は毎日仕事に追われて同じことの繰り返しと感じることも多かったです。

これからブログを書いていけば色々出てきそうですが、あまり1日を振り返る余裕もなく、10年以上はただ「忙しかった」という印象だけです…。

一緒に働いていた方も、入れ替わりは少なめな事務所でしたがそれでもはありました。

20年以上お局の座に君臨していて、いずれここから離れるときが来るのか想像もつかなかった私もいつの間にか城を追われ、いまは全然違う環境にうつりました。

ふだん目の前のことにどっぷりだと、あとから思い出せないですが、この今の環境も、あとで懐かしくなるときもあると思います。

いまだ途中段階のこんなありさまで、早いとこもっとしっかりして、このたどたどしい状況を早く上書きしたいと思ってます。

が、この過程はあとできっと懐かしくなる気がして、あえて残しておこうとわざと書いています。いや、こんな恥を世界中にさらして、それだけでは絶対後悔しそうです。

せめて美味しいものの写真だけでも残そうと思います。

誕生日メールから思いがけず、いまの大切さを感じることができました。

また久々にお会いしたいです。(いつでも会いに行ける距離です。)

【昨日の一日一新】

1.KANNON BAKE キャロットケーキ

2-1 星屑珈琲 スフレチーズケーキ

2-2 イルガチェフェ 深煎り

2-3 いちごのクリームソーダ

美容院で星屑珈琲さんの話題で盛り上がり、急遽行きました。ぜんぶおいしかったです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする