独立して初めての確定申告

Pocket

確定申告は20年以上させていただいておりますが、今年は初めてひとりでしています。
勤務時代はお互い手伝い合ったり励まし合ったりして、チームプレイで取り組んでいました。
いつもぎりぎりまでかかっていたので、今ぐらいの時期は仕事も疲れもピークです。試験を受けていた時は勉強もこの期間は途切れていた気がします。
正直、終わるのかな…とひやひやしたことも何回かありました。
でもみなで協力し合って、(当たり前ですが)毎年なんとか無事出し終えてこられました。
なので、今回初めてひとりでするにあたり、することは一緒でもどう違う・変わるのかが想像がつかず、そこだけが不安でした。
早々にブログタイトルの約束は破ってしまいましたが、受け持ち件数自体は半分ぐらいになって心理的な負担が軽くなりました。何もなければ、どうにか今週中に終わりそうです。
まだまだ改善の余地だらけですが、私にしては結構な進歩です。
この2つは今後のために勉強になりました。
  1. 資料の残し方を変える(PDFを多用する)
  2. 弥生会計とミロクを併用(顧問先の方の協力でできました)
飲み込みが悪いので、わからないことを調べるときなど中々スッと頭に入ってこず、毎回悪戦苦闘します。
ネットで検索すると答えは出てくるのですが、やりとりの時系列やその取引独自の項目、実際の落としどころ、などを理解するのに時間がかかります…。
何も考えずに聞きまくるのも成長が無いので、一応自分なりに整理してから元の事務所の先生(結局ほぼ毎日)や昨日は弥生サポートなど、いろいろ聞きまくりました。
経験に基づいた即答が得られると、ちょっと安心します。やはり事例に当たる経験が少ないので、言える側になれるよう、これから一つ一つ当たって考えて身に付けていきます。
前の事務所にお手伝いに行こうか聞いたところ、終わりそうだからいいよ、と言われました。
真に受けるタイプなので、行かなくていいかなと思ってますが、私のことを気遣って??いや、いない方がきっとはかどるのだと思います(^^;)
アイキャッチ画像は、結城神社に奉納してあったお酒です。神社ではここで地酒をチェックするのが楽しみです。
【昨日の一日一新】
奈半利町 ふるさと納税お礼の品届く
The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする