蒲郡クラシックホテルに泊まりました その2 メインダイニングでのモーニングがとっても素敵でした

Pocket

蒲郡クラシックホテルのメインダイニングで頂いたモーニングがとても素晴らしくて美味しかったです。

洋朝食と和朝食が選べます。和朝食のみ前日20時までに予約が必要で、ご飯の炊きあがり時間に合わせて朝食時間を指定します。バラバラでもいいとのことだったので、父が和食、母と私は洋食にしました。

「大浴場はありますか?って聞かんでよかったなあ」

「やっぱりこういうところは浴衣とちゃうんやな」

「スリッパ履いとってええのは部屋の中だけなんやなあ」

などと他の方には絶対聞かれたくない会話をしながら降りたったフロアの眺めがこんな感じでした。

さっきの言葉が全部吹っ飛ぶ素晴らしさ。一緒に体感できてよかったです。

ほんとは昨日早く着いたら、すぐ隣のこのティールームでカクテルを頂きつつ心の準備をしておきたかったのですが、いきなりのぶっつけ本番になってしまいました。

次回行くときは、ここでこんなドリンクを飲んでみたいです。

このテラスでも朝食が頂けます。すごく素敵です。この日も何組かいらっしゃいました。

こちらが会場のメインダイニングです。

パーティーでも始まりそうなこんな優雅な空間に、平日の朝ゆっくり過ごすことができてほんとに幸せでした。いつか行きたいなあとぼんやり思ってましたが、思い立って予約したらあっけなく実現しました。

父が注文した和朝食です。もっとゆっくり撮りたかったのですが、すでにおひつに手が伸びかかっていて、斜めから撮るのがやっとでした。炊きたてご飯が3人前ぐらい入っていて、私たちもお茶碗を頂こうかと思ったぐらいです(言ってません)。三河の食材が沢山使われていて美味しそうでした。

そして私と母が頂いた洋朝食です。ジュースとコーヒーor紅茶、卵料理が選べます。

パンは3種類あっておかわり自由でした。使い込まれたトレイがまたすてきです。蒲郡みかん入りの丸パンが美味しかったです。ジャムも全部使ってしまいました。

卵料理はオムレツ、スクランブルエッグ、フライドエッグ(目玉焼き)の3種類でした。私はスクランブルエッグにしました。

母が注文したオムレツです。すごく美味しそう!ホテルのモーニングを注文した実感がわいてきました。

この絵柄は、ホテルとホテルから見える竹島の絵が描かれています。ナルミ製で、蒲郡プリンスホテル時代から使われているとのことです。

コーヒーカップはお部屋のと同じでノリタケ製でした。

(余談ですが、確か木梨憲武・安田成美夫妻の結婚式の引き出物にもナルミとノリタケの食器が使われたんですよね どちらも名古屋が本社です)

お部屋ではこんな感じでコーヒーを頂きました。いつもアナログなハンドミル&ドリップなので、便利過ぎて感動しました。

ハンドミルを使うようになったのも、旅先で泊まった部屋においてあったのがきっかけだったので、こうやって試せるのは嬉しいです。

利用しなかったのですが、時手紙という1か月~5年後に送れる手紙のサービスもいいなと思いました。

エレベーターの階数表示が時計の針みたいなタイプのものでした。素敵すぎて動いてるところを動画で撮ってしまいました。

ロビーです。着いたばかりの時は緊張して落ち着かなかったですが、最後はゆっくり座ってタクシーを待ちました。また来たいです!

珍道中でカルチャーショックの連続でしたが、ワイワイと好き放題言いながらも素敵な時間を過ごせてよかったです。あと少し書き残したことがあるので、後日書きます。

【昨日の一日一新】

・オリンピックの抽選に外れる

・和菓子 紫式部 茶道のお稽古の和菓子 ひんやりして美味しかったです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする