ふくさにもいろいろあります 袱紗と帛紗の違い、遠州流での帛紗 私の覚書

Pocket

昨日は2カ月ぶりの茶道のお稽古でした。

なかなか覚えられないので、ブランクがあっても忘れるところまではいかず、休み前と同様に?楽しめました。

夕方忙しくなってきたので、行こうか迷ったのですが、行ってリフレッシュできてよかったです。

遠州流茶道では年に2回ぐらい、新しいデザインの帛紗(ふくさ)が販売されます。昨日も新しいのを先生が持ってきてくださいました。今回は買わなかったのですが、毎回素敵なデザインでうっとりします。

今回は“ふくさ”について少しご紹介します。といっても、マナーも茶道もどっちも無知ですので、話半分に聞いてください(^^;)

ふくさ=袱紗と帛紗、帛紗は袱紗より少し小さい茶道用のもの

ふくさ”を漢字変換すると、“袱紗”と“帛紗”両方出てくるのが前から疑問でした。今回初めてわかりました。ざっくりいうと

袱紗=冠婚葬祭用 掛け袱紗、包み袱紗など

帛紗=茶道のお点前用で袱紗より少し小さい 

です。

色が合ってたら茶道と冠婚葬祭で兼用できるのかと思ってたら、ものが違うそうです。ポイントを押さえれば兼用できそう(される方もあるそう)ですが、私は無知なのでやめときます。

帛紗 茶道での使い方

茶道では、お抹茶を点てるときに使う茶杓(抹茶を入れる茶さじ)や茶器(抹茶が入っている入れ物)を扱うとき、帛紗(ふくさ)という布で拭き清めながら使います。40センチ角ぐらいの大きさで、絹でできています。

(ほかに古帛紗といって茶器拝見用にもう一種類ありますが、ここでは割愛します。また書きます)

この帛紗は、流派によって色や材質などが決まっているので、習っている流派で使われているものを買われるといいです。

私の帛紗コレクション

というほどでもないですが、4枚持っていました。

左のオレンジ(春夏)と下の青いの(秋冬)をいま練習用に使っています。

お抹茶をすくった茶杓を拭くためよごれております。(万一冠婚葬祭で兼用するときには注意が必要です)

遠州流では、冬と夏で帛紗の生地が違うようです。着物が夏物に変わるときに、帛紗の生地も夏物のに変えるとのことです。

まだ使ってないほうのふくさです。こんなに出していいのかしら…。怒られたら消します。

こんな使い方、置き方はしませんので見るだけにしてくださいませ。

右に茶杓入、茶杓、茶入と仕覆(茶器をいれる巾着)、お茶碗を上に置きました。

茶入の中に抹茶を入れて、ここから茶杓でお抹茶をすくってお茶碗に入れます。

茶杓は、茶杓づくり教室にて私が削った自作のものです。茶入は楽天で買った激安のものです。家で練習用にと思いましたが、使ってません…。

それぞれ、高いものだと数百万、それ以上するものもあるそうです。お道具も奥深く、茶道検定の時に勉強して面白かったので、また書きます。

ちなみに遠州流のHPでは、袱紗と書いてありました。どっちでもいいかもしれません(^^;)

帛紗は拭くだけでなく清めるためのもの

帛紗は大切な道具を清めるためのもので、絹で出来ていて、基本的に洗濯はしません。

たんに拭くだけならどんな布でもいいですが、お道具を拭き清めるためのものなので、よいものを使われて素晴らしいなと思います。

(ただ私はお抹茶で人一倍汚すので、新しいのはもったいなくて使えません(^^;))

遠州流では、干支やお茶会のテーマにあった柄、着物とのコーディネートなどを考えて先生方は選ばれるそうで、私もそういう楽しみ方ができるようになりたいと思います。

【昨日の一日一新】

くらしモア ビターチョコ

カカオ42%で、美味しかったです。最近チョコを食べ過ぎです。

花乃舎 桜貝

美味しかったです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする