「そうだ 福岡、行こう」福岡旅行2日め 第1項 柳川観光 第3号オノ・ヨーコさん祖父屋敷跡地&檀一雄さん文学碑巡りの巻 2019.12.29 その3

Pocket

「そうだ 福岡、行こう」福岡旅行2日め 第1項 柳川観光 第3号オノ・ヨーコ祖父屋敷跡地&檀一雄さん文学碑巡りの巻 2019.12.29 その3

だいぶ間隔があきましたが、福岡旅行をまだ半分しか進んでなかったので続きを書きます。

お土産やさんのBGMはビートルズ 鰻のおむすびを頂きました

柳川川下りの道中で、船頭の方より「この辺りにオノ・ヨーコさんの祖父の屋敷跡があるんですよ」という耳寄り情報をゲットしたとき、もうその場で船から降りて行こうかと思いました。

(ビートルズが大好きです。ビートルズ関連のものには目がなく、何でもビートルズに置き換えるのが癖です。このブログのカテゴリーもビートルズの曲名です)

でも確認するとゴールも間近で、着いてから歩いても10分ぐらいで行けそうだったので、はやる心をおさえつつ残りの川下りを楽しみ、腹ごしらえだけしてすぐに向かいました。船頭さんありがとうございます。あのときジョン・ノレン、林檎すったーなど、一体何を言い出されるのかと心配しましたが、とても感謝してます。

うなぎが有名なのでお昼に食べたかったのですが、朝ごはんが遅かったので軽くつまめるものを、とお土産物屋さんに寄りました。店頭の、この写真の鰻のおにぎり(うむすび)がおいしそうだったので

こちらを買いました。

常温保存できて、またチンしてその場でも頂けるとのことで、お願いしました。

竹の皮でちまきのようにつつんでありました。おいしかったです!

ほかにもすてきなお土産が沢山ありました。

ちなみに店内は、私がいたときずっとビートルズのインストゥルメンタルが流れていました。サムシング、ヒア・カムズ・ザ・サン、ガールetc.BGMがビートルズのお店は大好きで、入ってすぐに気づくのですが、船頭さんのお話しを聞いてなかったら、こんな深イイつながりまではわからなかったです。支配人さんがいらっしゃったらお礼を申し上げたかった。もうちょっと聴きたかったですが、早く屋敷跡に行きたいので、ベンチでおにぎりを食べおわってすぐ出発しました。

白秋道路&檀一雄文学碑

降りてもうひとつ行きたかったのが檀一雄さんの文学碑でした。遠かったり逆方向だったらやめようかと思ったのですが、このとき駅と船会社でもらった2種類の地図を見比べると、

なぜか片方ずつしか載ってないのですが、どう見ても場所が近そうです。船会社の地図は、船から見えるところメインに載せていたのだと思います。よかった!両方行くことにしました。

さっき船で潜り抜けた橋を上から渡りました。

(こんな感じできれいな橋でした 近くで見られてよかったです)

少し進むと白秋道路に着きました。北原白秋の通学路です。

実際の通学路と白秋道路と呼ばれているところは少しずれますが、この辺り一帯風情があり、趣深い遊歩道でした。何とも言えずすてきな景色で、毎日歩いていたら情緒豊かになり、凡人でも白秋とまでは行かなくても多少は才能が開花しそうです。

余談ですが、我が故郷多気町は田舎で豊かな自然もありますが、あまり映える景色がありません。写真が趣味の多気在住の伯父は、以前会ったときに「せっかく虹が綺麗だったのに全然絵になる景色がみつからなかった」と嘆いていました。

そうか、通学路が多気町だったからこんな感性になってしまったのか。私も白秋道路や哲学の道とかを通学路にしたかった。

時すでに遅しですが、旅先にて極力こういうすてきな道に寄るようにしています。今回は行きと帰りで道を変えて、通学路も白秋道路も(途中までですが)どちらも通りました。

(多気ももちろん好きです もうすぐものすごい施設ができますので、いらしてください)

まず、檀一雄の文学碑を見つけました。

檀家は柳川が本籍地で、住まいは転々とされていますが長い間福岡で過ごされてます。石碑には、柳川の海を歌った有明潟睦五郎の歌が刻まれています。

檀流クッキング、持っています。

作家の方は料理上手な方が多く、小説以外に料理本を結構出してらっしゃいます。小説は読んでなくても料理本のほうだけ持ってたりします(すみません)。向田邦子さん、伊丹十三さん、桐島洋子さんなど。ほかに料理本ではないですがエッセイに書かれていたりもして、宮脇檀さんのも好きです。

小野家屋敷跡 檀一雄文学碑の斜め向かいです

話がそれました。右手の橋が架かっているのが檀一雄文学碑のある方で、そこから道の反対側に行くと、この手前の広場が小野家屋敷跡でした。

オノ・ヨーコさんの父方の祖父、小野英二郎さんの屋敷跡で、ここで生まれ育ったとのこと。のちに興銀総裁を務められてます。ちなみに母方曽祖父は安田財閥をつくられた小野善次郎さんです。ほかにもご先祖様や親せきに著名人が沢山いらっしゃり、改めてものすごい方だと思いました。

門しか残ってないですが

表札もありました。個人情報なのにすみません…。

とても大きなお屋敷だったようです。数年前に柳川市が買取り、

このように公演として整備してくださいました。行けてよかったです。

とくに何があるわけでもないし初めて来た場所ですが、郷愁を感じます。イマジンやストロベリーフィールズフォーエバー、インマイライフを聴きながら物思いにふけるのにぴったりです。ベンチなどはないですが、芝生で寝転がりたいです。何もない広場で怪しすぎるので、妄想にとどめました。他に誰もいませんでした。

ここは今のところHPなどは特になく、朝日新聞の記事整備を請け負った会社のHPに少し載っています。

もう一度船を降りたところまで戻り、柳川駅までの送迎バスに乗って駅に向かいました。この柳川駅も、小野家屋敷跡と同じ会社が市のプロジェクトでリニューアルされたそうです。

おみやげに、ムツゴロウのおつまみとユズスコのサンプルを頂きました。

そして久留米に向かいました。

今回書いたビートルズの曲名などをカテゴリー追加し、さらにカオスになってしまいました…。

【昨日の一日一新】

・コーヒーハウスかこ花車本店 シャンティールージュスペシャル

・多司 伏見 名古屋食糧の経営するおにぎりやさんで、おにぎりがめちゃくちゃ大きいです。

寄ってしまいましたが、厚みがものすごいです。コンビニの倍ぐらいあるのに1個120円ぐらいからそろっています。たまにすごく食べたくなります。美味しかったです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする