梅の土用干しをしました 原価計算もしてみました

Pocket

6月に漬けた梅の土用干しをしました。

1カ月と少し、冷蔵庫でほっておくだけで、立派な梅干しになっていました!

干さなくても作れますが、干した方が栄養も増すそうです。

干す前の写真です。

土用干し前の梅

1日干した後です。

土用干し後の梅

本来は3日間干すそうですが、近年は日差しが強く、様子を見て1日でも良いそうです。

確かに、去年は3日間干したら乾きすぎて塩が結晶化し、もっとしおれた感じになりました…。今年はまず1日にしました。あと1日なら干しても良さそうです。食べたら美味しかったです。

マメ知識 土用について

土用とは、春夏秋冬の季節の変わる直前の約18日間をさすそうです。今年の夏土用は7/19〜8/6で、暑中見舞いを出す時期でもあります。

土用の丑の日の印象が強いので、夏の1日だけかと思っていました(^_^;)

本や衣類(虫干し)、田んぼ(水抜き)も、昔からこの時期に土用干しをして次に備えます。

暦って理にもかなっていて素晴らしいなと改めて感じました。

今回の原価計算

2キロ分漬けました。ざっくりですが、かかったお金は

梅 その1 1kg1200円(無農薬のをお取り寄せ)約40個弱

梅 その2  1kg300円(完熟のため見切り品 スーパーにて購入)約40個強

紫蘇 400円(200円×2)

塩 100円(50円×2)

焼酎 少量のため割愛

材料費のみで合計2000円です。

左が特売品

右が1200円の、左が300円のです。300円のは見切り品価格で、定価は800〜1000円だったと思います。梅干しには完熟したものを使うので、完熟した見切り品はおすすめです。

どちらも美味しかったです。そんなに差はありませんが、やはり1200円の方が少し肉厚で柔らかく、皮も薄く仕上がりが綺麗でした。300円の方はしっかり完熟していたので、より美味しく漬けられたと思います。

1.全体での1個当たり原価は

(1200+300+400+100)÷80個=25円

2.梅ごとの原価は

1200円の梅→(1200+200+50)÷40個=36.25円

300円の梅→(300+200+50)÷40個=13.75円

1200円の方が大粒で量は少ないですが、計算上同数にしました。

味としては私の舌では両者は大差がなかったです。発想としては、1で計算した全体の原価25円が原価になります。

ただ、売るとしたら、一緒くたにしていいものかどうか悩みます(売りませんが)。

原価の差が36.25-13.75=22.5円あります。

1200円の梅は無農薬ですし、実の状態も良かったです。

ここの付加価値を、売り値に反映させたいとこですが。マーケティングと原価計算、簿記の知識をフル稼働させて考えます(^_^;)

【昨日の一日一新】

今年の梅の土用干し

末富 うすべに他干菓子

お茶のお稽古でいただきました。美味しかったです!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする