鉄骨造の建物の耐用年数は耐用年数表だけでは調べられない

Pocket

中古で取得した建物の耐用年数を調べようと、耐用年数表を準備して顧問先より不動産の登記簿謄本(最近は「登記事項証明書」と呼びます)を取り寄せました。

これで建物の構造と新築の日が分かり、耐用年数が調べられます。

鉄骨造スレート葺○階建とありました。

耐用年数(建物・建物附属設備)

これでわかると思ったのですが・・・。

戸惑いその1.鉄骨造が表に見当たらない!と思ったら金属造のことでした…

鉄の文字があるのは“鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造のもの”しかなくて鉄骨造はありません。

金属造は鋼構造のことで、一般的には、鉄骨造を指すそうです。

一般常識で落ち着いて考えればなんとなくわかるとは思いますが、恥ずかしながら私はわかりませんでした。税務の世界でもそうですが、少し言葉が違うだけでも同じ内容の場合もあるし、全く違うこともあるので難しいですね。

今回は金属造で賃貸住宅でしたので、店舗・住宅用のところを探すと、

金属造のもの 事務所用のもの
骨格材の肉厚が、(以下同じ。)
4㎜を超えるもの
3㎜を超え、4㎜以下のもの
3㎜以下のもの
店舗用・住宅用のもの
4㎜を超えるもの
3㎜を超え、4㎜以下のもの
3㎜以下のもの
飲食店用・車庫用のもの
4㎜を超えるもの
3㎜を超え、4㎜以下のもの
3㎜以下のもの
旅館用・ホテル用・病院用のもの
4㎜を超えるもの
3㎜を超え、4㎜以下のもの
3㎜以下のもの
公衆浴場用のもの
4㎜を超えるもの
3㎜を超え、4㎜以下のもの
3㎜以下のもの
工場用・倉庫用のもの(一般用)
4㎜を超えるもの
3㎜を超え、4㎜以下のもの
3㎜以下のもの
38
30
2234
27
19

31
25
19

29
24
17

27
19
15

31
24
17

国税庁HP 耐用年数表より転載

店舗・住宅用に限らず全部ですが、

戸惑いその2 鉄骨造の建物の耐用年数は骨格材の肉厚によって違う!

のでした…。

検索してみたのですが、やはり骨格材の厚さを知る方法で皆さん難儀されているようです。

一般的にこの建て方はだとこの厚さ、などルールもなさそうで(同じ規格の建物ならハウスメーカーさんで把握されていると思いますが)、最終的には図面で見るしかないそうです。

中古なので図面があるかどうか未確認でしたが、幸い全部あるとのことですので、後日確認して耐用年数を決めたいと思います。

戸惑いその3 図面のどこを見るのか

勉強不足ですみません、図面の見方は閲覧時に確認します。

昨日の一日一新

吉岡コーヒーで買ったエチオピア

(とっても美味しいです!現在ネパールに買付けに行かれていて2月中旬まで休業中です。)

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする