なぜ会社は変われないのか、という本についての私の思い出

Pocket

久々に買い直しました。

なぜ会社は変われないのか 危機突破の風土改革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

今は文庫本で出ていますが、あえて昔持っていたハードカバーのほうを買いました。

組織風土改革についての本で、ストーリーは全く覚えてませんが(^^;)とても感銘を受けたのは確かです。

これからじっくり再読します。

この本を知ったのは、中小企業診断士の勉強をしているときでした。

あの時の教室の熱気はすごかったです。21世紀になってすぐの頃で、世の中も中小企業政策も試験制度も大きく変わるときでした。

講師の先生方は仕事人としても優秀な方々で、多忙な中会社と掛け持ちで講師をされていましたが、途中でその会社はやめて講師&自分の会社を興していかれました。

大阪、東京、名古屋と飛び回り、テキストや問題集も作り、寝る暇あるんだろうかと心配するぐらいでしたが(心配しないで勉強しろ…)あの時の教室の熱気はすごかったです。

その中のある先生が、そのときのテーマだった組織改革にちなんでこの本を紹介してくださいました。

その先生はこの本に大変感動し、著者 柴田昌治さんの主催する勉強会にもすぐ申し込んで参加しているとのこと。その話を聞き、ぜひともその本を読んでみたいと思いました。

ある日実家に帰ると、なんとその本が置いてあります。

私「どうしたん?これ読みたかった本なんさ!」と尋ねると、

父「みんなで読むようにと、会社に置いてあったんやけど、誰も読んどらんだで借りてきた」

…一瞬めまいがしました。この会社大丈夫??(電話の会社です)

その後会社も統合して備品も含め色々処分・整理することになり、父も退職したためそのままいただきました。多分時効だと思います(^^;)

まだ借りてきた父はましな方だったのかな。いや、みんな陰でこっそり回し読みしてたに違いないと思いたいです。

というわけで、ちょっと複雑な気分でしたが、運よくこの本をただで読めることになりました。久しぶりにいろいろ思い出し、買ってみました。

(買い直しましたではなく、初めて買いました、でした)

この本のほかに、ザ・ゴールという本も教えてもらい、こちらにもハマりました。それまでビジネス系の本は読んだことなかったのですが、この2冊で面白さがわかりました。

(くどいですが)私は診断士には合格しませんでしたが、いま何とか独立し、また一緒に学んだ仲間も何人か独立し、よい刺激を受けています。中にはがっちりマンデー!!にでた人までいます。

あのあとのんびりしてましたが、私もそろそろ眠りから覚めて、活動開始したいと思います。

【昨日の一日一新】

1.ミスタークロワッサンドーナツ ブリュレ

復活して嬉しい!美味しかったです。また、ミネストローネが以前より野菜が増えて美味しくなりました。

2.カフェバッハ ニカラグア

買ってすぐ豆を冷凍し、順番に挽いて飲んでいます。早く飲むに越したことはないですが、冷凍していれば個人的には1年ぐらいはいけると言い聞かせて飲んでます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする