私の等価交換 新政と旬のタケノコ

Pocket

等価交換について

等価交換とは、価格や価値の等しい物どうしを交換すること(デジタル大辞泉の解説)

という意味です。貨幣が出てくる前の物々交換の時代では、同じ価値のものを交換=等価交換をし合って商売が成り立っていました。

所得税でも、不動産の等価交換の制度があります。

No.3511 土地建物と土地を等価で交換したとき

固定資産である土地や建物を同じ種類の資産と交換したときは、譲渡がなかったものとする特例があり、これを固定資産の交換の特例といいます。

(タックスアンサーより)

事例として、同じタックスアンサーの引用ですが

【事例】時価1800万円の土地及び時価200万円の建物と時価2000万円の土地を交換した場合

時価1800万円の土地及び時価200万円の建物と時価2000万円の土地を交換した場合の説明の図

こんなイメージです。私は実務では計算したことはないです。

昨日私が行った“等価交換“は、“日本酒 新政(あらまさ)“と“旬の茹でたてタケノコ“です。

写真がうまくとれていませんでした。カラーズというシリーズの、生成 -Ecru-エクリュという比較的買いやすいお値段のお酒です。

土曜日に行ったShusendo Miniさんで買いました。

新政とは

飲食店ではときどき見かけますが、新政は買えるお店がとても少ないので、見つけたら必ず買います。

協会6号酵母を発祥させた蔵で、No.6(ナンバーシックス)という銘柄のお酒を定番で出しています。

いまの8代目の佐藤祐輔さんは東大出身で…etc.

と話は長くなりますが、とにかく素敵で美味しい日本酒をつくられています。

昨日はとれたてのタケノコ&タケノコご飯&採れたて野菜を持って、母が来てくれました。

タケノコは皮をむいてあく抜きして茹でてあります。母の作るタケノコご飯、父の作る野菜も新鮮でおいしくて、大好きです。

お礼に私のとっておきの新政を渡しました!

まだエクリュは飲んだことなかったので、一口飲んでから渡しました。

等価交換か、わらしべ長者か

旬のタケノコと新政、比較すべき対象ではなく、むしろタケノコをおつまみにして飲むとよさそうです。

母は新政のことはあまり知らなさそうだったので、説明はしたのですが、それよりも飲みかけゆえ交換価値が下がったかもしれません…。

人によって“価値”は違うため、わたしなぞ普段は“等価交換”ではなくもっと良いものをもらって“わらしべ長者”になってしまうことが多いです(^^;)

低額譲渡という概念も税務上あります。

仕事では、低額譲渡にならないよう?逆にわらしべ長者になってもらえるようがんばります。

【昨日の一日一新】

新政 エクリュ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする