1年前 レンタルオフィスを1カ月だけ借りました

Pocket

去年の4月は、名古屋駅の近くのレンタルオフィスを1カ月だけ借りてみて、通勤前と休日の午前中に通っておりました。

独立に消極的でしたが、数カ月以内に独立することだけは言われていました。

どうすればいいか、何を準備するのか、なにがしたいのか、そもそも独立したくなかったので、考えるだけで憂鬱になり、ちっとも進みませんでした(^^;)

唯一やっていたのはブログだけです。

その頃、以前見学だけ行ったレンタルオフィスから、「名古屋駅前に新しいレンタルオフィスがオープンするのでよかったら見に来ませんか」

とのメールをいただきました。

行ってみると駅からも近く、空室も沢山あります。税理士事務所の登録もできます。

とにかくなにか行動を起こしたかったので、

「ほんとに1カ月だけでいいんですよね??」と、ものすごく念を押したうえで思い切って申し込みました。

私の状況や気持ちなど、とても理解してくださって契約直後から退去時のスケジュール(いつまでにいえばいいか、とか保証金返金までの過程など)を説明してくださり、楽な気持ちで行くことができました。

最初に行った日(出勤前なので朝6時台です)ほんとにオープンしたばかりだったので、エレベーターが開いたら真っ暗でフロアの電気がついていません。真っ暗な中、手探りでスイッチを探してつけました。

これから1カ月、私が点灯係になるのかしら?と思いつつ入室し(初日だけでした)、ブログを書き始めました。

しばらくするとわいわい声が聞こえてきます。掃除のスタッフの方々でした。

1室ずつマキタの掃除機で素早く掃除していかれます。だんだん私の部屋に近づき、ドキドキしてきました。扉をあけられた時はお互いビックリ!

朝早くしか来ませんが、1カ月だけですのでよろしくお願いいたします、とごあいさつしました。以降は私が先にドアを開けて軽くご挨拶することにしました。

朝から半袖ポロシャツで軽快に掃除される皆さんを見ていると元気がでました。だんだん仲良くなり、退去するときは、寂しくなるけどがんばってねと言われ、嬉しかったです。

日に日に着く時間は遅くなりましたが、なんとかほぼ毎朝通ってブログを書きとおしました。

お金や時間の面から考えると、ここまでしなくてもほかにもっとよい方法があると思います。

でも私が自分でここと決めて、自分のお金や時間を捻出して投資したことは貴重な経験でした。

ひとりで集中して仕事ができたとか、独立後のイメージが少し具体的になったといったことはもちろんですが。借りたことそのものより、借りようと(私にしては)勇気を出して行動したことがプラスになりました。

今も、どうしよう…とためらう時などはこのときのことを思い出して気持ちを立て替えます。

【昨日の一日一新】

あるところ!

また書きます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする