センチュリーシネマにてWKW4K『恋する惑星』を観ました

Pocket

センチュリーシネマにてWKW4K『恋する惑星』を観ました。

余談

大好きな映画で、公開当時何度も観に行きました。各自いろんな思い入れがある映画だと思います。

私もすごくはまって、フェイ・ウォンみたいな髪型を真似し、1999年3月の武道館ライブは確定申告真っ只中の時期でこの日だけ何とか抜け出して観に行き、夜行バスで戻ってそのまま仕事しました。

またブリジット・リンのようなトレンチコートを長年探して少し前にやっと(デザインは違いますが)お気に入りのが見つかりました。ここ2年コロナで引きこもって着なかったので今年こそ着ます。

またKing GnuのVinylのMVでの井口さんのとある衣装がこの映画のトニー・レオンがモチーフになったと常田さんがおっしゃっててなるほどと思いました。ただ、香港に行く機会を逃したのがすごく残念です…。

映画の前に当時のパンフレットをパイナップルの缶詰と一緒に記念撮影 ハガキもどこかにしまってあると思いますので、見つけたら追加します。

賞味期限は2024.9.1 絶妙な日付でちょっと嬉しかったです。

ただ、映画でもプルタブだったのに、あれより30年以上経ってるのにかかわらずこれはプルタブじゃなかったのが衝撃的でした。缶切りを探してあとで頂きます。

フェイ・ウォンのパンフレット 前に撮った写真です。

いざ鑑賞

王家衛の映画はリバイバル上映があまりなくて諦めていましたが、この度4Kになって5本も一気に公開されると知り、すごくうれしかったです。

余談ですがこのポスターのシーンは映画本編にないのを知らず、見逃したかしらとずっと思っていました。

DVDも持っているものの、やはり映画館で観ると27年前の感動の蘇りプラス、加齢のおかげでいい感じにストーリーを忘れていて新鮮な驚きもあり、すごく楽しめました。後半がはじまるときは涙が出ました。また前半のかっこよさを前回わかってなかったので今回初めて見るかのようにハラハラドキドキできました。当時の香港の雰囲気とサークルKなどからも時の流れを感じました。

POPとパンフレットなど

当時映画館のPOPやパンフレットなど記念に残します。

こちらは系列の伏見ミリオン座のエレベーター横 マチュ―の映画を観たときに撮りました。

イートインスペースのPOPです。ポスターも1枚ずつ撮ってます。

もったいなくてまだじっくり読んでません。

売店の前の壁です。

チケット、フライヤー、パンフレット、スタンプラリーカード、ステッカーです。一緒に保存します。

本当によかったです!2,3週間ぐらい上映されるので、期間中に行ける限り行きます。ほかの香港映画も含め、また数年おきにやって欲しいです。

また今回のWKW4Kのおかげで、ほぼ同じ時期に夢中になっていたビートルズとマチュ―の映画も観られてよかったです。最近映画を観てなくて、うっかり見逃すところでした(悔やんでも悔やみきれない)。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』 先行上映会&トークショーに行きました

伏見ミリオン座にて『彼女のいない部屋』鑑賞&マチュー・アマルリック監督の舞台挨拶に参加しました

またこちらもすごく楽しみです。


【昨日の一日一新】

・WKW4K 恋する惑星

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする