伏見ミリオン座にて『彼女のいない部屋』鑑賞&マチュー・アマルリック監督の舞台挨拶に参加しました

Pocket

伏見ミリオン座にて『彼女のいない部屋』鑑賞&マチュー・アマルリック監督の舞台挨拶に参加しました。

今月、もうすぐ始まるWKW特集を確認しようと久々にミリオン座のHPを見たとき、先日行ったビートルズの映画の先行上映といっしょに大ファンのマチュー・アマルリックが監督した映画が上映しているのを見つけました。しかもマチュ―が来日して名古屋でも舞台挨拶があるとのこと。急いで申し込み、昨日鑑賞&舞台挨拶に行ってきました。

20代の頃から大ファンで、まさか人生で生のマチュ―が観られるなど思ってもみなかったのでいまだに信じられませんが、すごくよかったです!

マチュ―・アマルリックはフランスの俳優&映画監督で、フランス映画だけでなく007やスピルバーグ監督の映画などにも出演され、最近は監督をメインに幅広く活動されています。先日観に行ったフレンチ・ディスパッチにも出演されていました。すごくよかったです。

前日夜に台風の影響で舞台挨拶がオンライン開催になると知り、仕方ないしそもそも私に生のマチュ―なんて100年早かった、と気持ちを切り替え鑑賞しました。ストーリーは言えないのですがとてもよかったです。

鑑賞後に舞台に椅子が3つ運ばれてカメラマンの方もいらっしゃり、オンラインでもしっかり中継されるんだなあと思っていたら、なんとマチュ―が登場!


↑ここ最近オンラインばかりなので、やっぱり直接会って舞台挨拶がしたいと新幹線のキャンセル席に飛び乗ってお越しくださったそうです。

台風より新幹線の方が早かった!とおっしゃり、劇場カフェでひつまぶし弁当を食べつつ打ち合わせをされたとのこと。行けなくなった方もいらっしゃいますし、劇場の方もきっと寝耳に水で大変だったと思いますが、本当にありがとうございました(T_T)

お茶目で生き生きしたマチュ―で、生で観られて感激です。質問コーナーのあと、撮影タイムも設けてくださいました。

ご自分のカメラで客席を撮るマチュ―

主演女優のヴィッキー・クリープスさんは背が高くて、並ぶとこんな感じだったよとおっしゃってるところです。

最後は投げキッスではけていかれました。

その後のサイン会にてパンフレットにサインを頂きました。

次に京都に行かれるので各自手短にとみな心をひとつにスムーズに列も流れていました。メルシーと一言が会話できて(数少ない知ってるフランス語)もう天にも昇る心地でした。新幹線が停まる前に京都に移動できてよかったです。

名古屋の後に京都・大阪と舞台挨拶で、それもあって天候に配慮しつつ再度変更されたのだと思います。やはり世界で活躍される方の判断・配慮はすごいと思いました。本当にありがとうございました。

パンフレットをじっくり見て、また京都・大阪のマチュ―の情報収集をして楽しみます。これからの作品も楽しみです。また日本にもいらしてください。
【昨日の一日一新】

・マチュー・アマルリック

・彼女のいない部屋

・千吉

・カフェファゼンダ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする