修正申告が長引くときに予納ができることを知りました 私の覚書

Pocket

先日の税理士会で知りました。目新しい制度ではないですが、いざというとき助かるので覚書します。

税務調査のあとに結論がなかなか出ないときがあります。

その期間も延滞税がかかり、払うお金はあっても待たされる上に延滞税もどんどん増えるし、何だか納得がいきません…。

ところが、書類を提出して国税の見積額を納付すれば延滞税の計算期間もその納付日でストップします。

法定納期限から1年以内の修正申告なら延滞税がかからない特例もあるので、直近の年度だけでも延滞税が防げるかもしれません。

詳しくはタックスアンサー↓をご確認ください。

No.9205 延滞税について

差額は確定後に追加納付or還付、充当されます。

勤務時代の税務調査時にぜんぜん教えてもらえませんでしたが、こんなことができるとは!

なぜか書式はダウンロードできないそうですが、税務署に行けばもらえるそうです。

参考までに、手持ちの資料をPDFにしたものを載せます。

裏写りしており、“資料3”なども付いたままなのでうまく隠してよろしければ使ってください。

所轄によって取り扱いが違うかもしれませんので、使われる場合はあらかじめ確認してください。

国税の予納申請書PDF

【昨日の一日一新】

1.リモンチェッロ

リモンチェッロ

イタリアのレモンのリキュールで、アルコール度数30%ほどあります。

すぐ使うはずが、なぜか買ったままずっと置いてありました。バイタミックスで作ったトマトジュースに入れてみました。

美味しいです!

ジューサーは、スムージーや料理だけだと思い込んでいましたが、カクテルもいけるというのを知ってしまいました。

次はフローズンカクテルを作ります。

2.ある申込み

経過はまた書きます!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする