ひとり税理士の住所の悩み

Pocket

独立して3年めです。ひとりでやっていると住所のことでいろいろ思うところがあります。税理士に限らずひとりでやっているひとに共通する思いだと思います。

住所を出すことに戸惑う

1対1での申し込みやお客様となど閉じた環境でなら大丈夫ですが、自宅なので、名刺をお渡しするときにはちょっと抵抗があります。実際は「ああ、名古屋なんですねー」など会話の糸口になるぐらいで、あとたまにDMなどもいただくだけで問題はないです。

ただ1回だけ、セミナーでお会いした人が「いい本があるので差し上げますね」とおっしゃり、私も図々しく「ありがとうございます!名刺の住所に送ってください」とお願いしたところ。私は郵送か宅配便だと思いきやわざわざ実際に届けてくださりびっくりしました。そのときにはじめて双方が勘違いしてたのがわかりました(^^;

ほんとうに善意でお忙しいところ来てくださって申し訳なかったのですが、まさか届けてくださるとは思わず面食らったのを覚えています。

ただ、税理士事務所あてには営業や来所がメインという文化?があるので、送ります=持参します、伺うのが礼儀ということも多いです。

そもそも私がアンダーグラウンドでやっていておまけに礼儀知らずというのがそもそもいけないのですが、移動が多くノートパソコンがあれば出先で対応できるので、住所を知らせる&事務所来訪の文化は変わってほしいと思っています。でもこれらはたまに思うだけで、実際はそんなに困っていません。

税理士事務所の登録の住所も戸惑う

ニセ税理士予防なのか、ちゃんと継続してやっていくという証のためなのか(詳しい理由はわかりませんが)税理士登録の際には事務所所在地を届け出るのですが、それで結構悩みます。ひとりでするなら自宅で開業することが多く、その際賃貸だと大家さんの許可が要ります。来所なしで仕事のみという条件で開業します、という書面を大家さんとかわします(税理士会にひな形があります)。私みたいに運よくあっさりOKの場合もありますが、断られる場合もあります。(その場合はいちど税理士会に相談されるといいです)

自宅兼事務所にしようと当初は事務所OKの賃貸マンションを探したのですが、数に限りがあります。このスタイルにものすごく憧れます。これがベストかなと思ってます。交渉次第ですがひとり税理士に合っていると思います。

事務所物件はひとりでするには高すぎるし、でも地域によっては事務所物件か又は戸建ての字だくでないとダメ(分譲マンションでもNG)というところもあると聞きました。私なら永遠に開業できません…。事務所物件は士業ゆえの縛りもありますが、士業ゆえ仕事内容が理解されて借りやすい場合もあるので色々かと思います。

名刺には住所不定で名前とメールアドレスとできることだけ載せたい

それにしても、もう時代は電子申告でネット環境も整っていますし、事務所がどこにあってもいいのではと個人的には思います。

電子申告をする際に税理士用の電子証明書を取得するのですが、本人確認書類も出しますしこれで十分本人の証明になるので、この電子証明書が事務所所在地の登録になればいいのに、と都合よく思っています。

独立時にとりあえず自宅で開業し、そのうち場所も変わるかもしれない(ほんとは引っ越ししたい)のでまあいいかと思っていましたが、いまだずっと変わらずやっております。

今回名刺を別のところに注文した際、そういえば住所ってちょっと考えるよあと思っていて書きました。タイトルには悩みと書きましたが、実際は悩むまでは行ってません。個人的には(できればビジネス用の名刺でも)住所や電話番号は書かず、メールアドレスと名前と自分ができることだけ載せたいです。(まだ自分ができることを整理してないので、そこからやらないといけません…)

【昨日の一日一新】

ゴルゴサーディン こんな商品を見つけてしまい、5%OFFデーだったので買ってしまいました。ほかにもデザインがあります。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする