家計簿アプリを続かせるには

Pocket

先日こんな新聞記事を読みました。

今年こそ!(2)家計簿 項目絞り大まかに把握を 産経新聞1/5朝刊

http://www.sankei.com/life/news/160105/lif1601050008-n1.html

少し引用させていただきました。

「なかなか貯金ができないので、家計簿を付け始めましたが、2週間で挫折してしまいました」

東京都練馬区の会社員の女性(28)は子供の保育園入園を控えた昨年の正月、スマートフォン(スマホ)に対応した家計簿アプリを使い始めた。スマホのカメラでレシートを撮影するだけで簡易家計簿やお小遣い記録を作ることができる。

「撮影するだけだから簡単」と思って始めたものの、レシートをなくしたり、数日間ためてしまったり。面倒になってやめてしまったという。

(引用ここまで)

レシート撮影だけで帳簿ができるなんて、世の中便利になったなあ・・・。

この業界、というか私これから大丈夫かしら・・・と、家計簿アプリの素晴らしさを聞いて焦っておりました。

もちろんこれからアプリも進化していき、業界も変化します。常に時代に合わせて変化していかないとどの業界でも生き残れないのは当たり前です。

でも、そこで自分が文明の利器をどう使うかですよね。

会計の世界でも重要性の原則というのがあって、ざっくりいうと重要なものはきちんと、そうでないものは簡便な処理が認められています。

明瞭な表示のためには、重要でない情報に埋もれてしまわないようにに重要な情報に焦点を当てた方がよいのです。

この方もあと少し工夫すればうまく使いこなせると思います!

レシートを受け取った時点でしまう場所を一か所にまとめ、寝る前など時間を決めて撮影するなど生活のリズムに組み込むとよいかと思いました。習慣は2週間で板につくと聞いたことがあります。そうなれば、無理なく続くはずです。

記事でも最後にこう締めくくられていました。

≪ここがポイント≫

・完璧に付けようとしない

・使いやすい帳簿を選ぶ

・費目分けは分かりやすく

・3日に1度は付ける

偉そうに言いましたが、期限内申告はしていても自分のお小遣い帳がとうとうつけられなかった私・・・。そのための方法をブログタイトルに掲げたとおり、ここに載せていきたいのですがまだ実行がともなっていない・・・。

これから独立するにあたり自分でなるべくシンプルなルールをきめてやっていきます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする