真っ白の服を着てみました 長年のトラウマを払拭 服を変えると気持ちも変わります

Pocket

真っ白の服をずっと着たことがありませんでした。

汚してしまうので、とにかく真っ白以外の服を選んできました。

何か原因があったかしらと記憶をたどると。

小学校1年生の時に親戚の結婚式に出席した際に、祖母が縫ってくれた白いワンピースに食事が始まるやいなやソースをこぼしてしまい、晴れやかな場面なのに周囲も私もとてもブルーになった(シミは黒ですが)のが発端でした。

子供心にも申し訳ないと思い、そこから

「私は白い服を着るときっと汚す(*_*)だからもう着ない」とひそかに誓いました。

白を避けるだけでなく、いっとき黒にはまって黒ばかりを着ていた時期もあります。

夜に黒のタートルネックと黒のロングスカートで外にいたら

「綾野さん、手と顔しか見えないよ(笑)」と言われたのを覚えています…。

そうは言っても時には白っぽいのも買ってはいましたが、数年前にカラー診断をしてもらうとクリーム系の色が似合うというのがわかって、クリーム色や生成りぐらいまでは少しずつ手を出すようになりました。

またこの夏はオフホワイトのガウチョパンツを買ってなんとか無傷ではき終え、ちょっと自信がつきました。

そして先日のショッピング同行にて、

「これ、スーツのインナーにぴったり!ぜひ!」と、純白のインナーを薦められました。

普段真っ白なものを見てないのでまぶしくて目がくらみ、

「私が着て(色んな意味で)大丈夫の??」とちょっとひるみました。

でもよく見ると

・襟元がきれいなカッティング

・洗濯機で洗えてノーアイロンでOK

・しっかりした生地で透けないし開きも少ない

・プロから見てどうやら似合うらしい(自分ではわからない)

と、真っ白すぎる以外は条件はバッチリ、しかもとっても使いやすそうです。

せっかく「あなたに似合うから」と見立ててもらったので、まずはインナーとして徐々に慣らしていこうかと思い切って買いました。

そして昨日着てみたところ。

雰囲気がパッと明るくなり(注:個人的な感想です)着心地も良く、とっても気に入りました。

何より、真っ白は気持ちが引き締まります。そのせいか、これを着たまま夜に友人と食事をしましたが汚さずに無事終了。私もやればできる!

今回は「似合う」とプロからおすすめしてもらえたのが大きく、おかげで長年の思いわずらいを取り除くことができました。

そして、「汚れてもいいから」で消極的に何となく選ぶのではなく、

「これが好き」とか「自分に似合う」など積極的な理由で選び、また色に甘えずどんな服も丁寧に扱うことを心がけようと決めました。

また、着てみてよくわかったのですが、何より白はレフ版効果が絶大です。

もっと早く気づくんでした…。これからどんどん着ていきます。

【昨日の一日一新】

1.ファミマ ケンズカフェ東京監修 ショコラタルト

久々に買ったコンビニスイーツです。おいしかったです!いつか本物も買いたいです。

2.酢重正之

ゲートタワーのお店です。夜景もきれいで、バーカウンターもあります。

而今があったので、今度行ったら飲んでみたいです。

3.ある資格2つ取得→また書きます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする