富山の旅 氷見市潮風ギャラリー藤子不二雄Ⓐまんがワールドに行きましたの巻 2019.11.3その3

Pocket

富山の旅 氷見市潮風ギャラリー藤子不二雄Ⓐまんがワールドに行きました。

まずは氷見駅にてマンホールカードをゲット

雨晴海岸を出てから、氷見市に向かいました。まずは氷見駅に寄りました。

(電車移動でもないのに駅に寄るのは、トイレ休憩と案内所&路線・時刻表チェック、売店でのお土産物色などのためです 無人駅でも大きな駅でも面白いです)

昨日のべるもんたの写真(すみません氷見駅のでした)以外に観光案内所にも寄ってみると

マンホールカードがもらえました!

カラーのではないですが、マンホール蓋も無事見つけられました。

そして氷見市は藤子不二雄Ⓐ(安孫子素雄)先生のふるさとです。観光案内所でも色々情報が出そろっていて、このとき3時半ごろだったため最初は氷見うどんを食べてそろそろ帰ろうと思ってたのですが、すぐ近くに氷見市潮風ギャラリー藤子不二雄Ⓐまんがワールドもあるのがわかりました。5時までやっていて、まだ間に合うので行ってみました。

まんがワールド からくり時計に行きました

町中に藤子不二雄Ⓐ先生が描いたキャラにちなんだスポットが沢山あります。

もっとゆっくり回るとよかったのですが、まんがロードを通り、からくり時計とギャラリーだけ寄れました。プロゴルファー猿、信号の向かい側だったのに残念。藤子不二雄Ⓐ先生のご実家のお寺(光禅寺)も行きたかった…。でも、ちょうど通りすがりにからくり時計が動いていてラッキーでした。

終了間際で、このあとすぐ舞台下にはけて行かれました。また動画をインスタかTwitterにあげようと思ってます。

商店街は怪物くんやハットリくんなどのキャラが沢山!駐車場からの道すがら、色々撮りました。

獅子丸です。

ハットリくんの弟、シンゾウ=シンちゃんです。

藤子不二雄Ⓐ先生考案の氷見のサカナ紳士録のキャラ、アンボスくんです。アンコウがモデルです。

バスも怪物くん仕立てです。何とか後ろだけ間に合いました。

タクシーも。(どちらもモザイクいらずでそのまま使えて楽ちんでした)

こうして歩くだけでも色々見つけられて、もうこれだけで氷見を満喫できた気分です。そしていよいよ藤子不二雄Ⓐアートコレクションに到着しました。

藤子不二雄Ⓐアートコレクション

入口まわりのキャラ、みんな懐かしい!ハットリくんや怪物くんはリアルタイムでみていました。

受付まわりにも見ごたえあります。

グッズも色々あります。無限に出てきそうでうらやましいです。

ここで記念撮影ができます。ハットリくんのとなりにいるのは、藤子不二雄Ⓐ先生考案の氷見市のキャラクターひみぼうずくんです。かわいい!そして藤子不二雄Ⓐ先生がデザインされるなんて、すごくうらやましいです。

余談ですが、名古屋でも東山動物園に鳥山明先生の描かれた看板があるんですよ(そんなムキにならなくても)。

そしてここの入場料は、なんと大人200円で高校生以下は無料です!

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーもですが、どちらも市の施設に入っていて町ぐるみでタイアップされているせいか、両方行っても千円いきませんでした。お時間のある方は、富山観光の際にぜひ両方行かれることをお薦めします。

余談その2 私が行った施設で今のところ一番高かったのは落合博満野球記念館の2千円でしたが、ちょうど年末の落合さん来館時で、カフェで野球話も聞けてすごくよかったです。

藤子不二雄Ⓐアートコレクションに話を戻します。こちらも原画や複製原画が沢山展示されていました、先生の生い立ちや、キャラクター紹介など、トキワ荘を再現した部屋やもありました。藤子・F・不二雄先生をとても尊敬していたとのこと。ブラックユーモアの素地は、子供の頃に読んだお父さんなど身内の本棚の本にあったとか(うろ覚えです)。またお父さんは光禅寺の住職で、早くに亡くなられましたが教養があって茶道など色んなことに詳しかったそうです。

藤子不二雄Ⓐ先生の座右の銘に深く感じ入る

そして何より心打たれたのは座右の銘です。

“明日にのばせることを今日するな”

私が言えば単なるサボリ癖なので「絶対今日中にやれ!」と怒られますが、あれだけ沢山の連載を長期間抱えておられた藤子不二雄Ⓐ先生がおっしゃると説得力があります。深く心に沁みました。なんでも、締め切りが重なったときにいくつか取りこぼしたことがあるそうで、それ以降はずっと締め切りを守られたとのこと。

その経験があっての“明日にのばせることを今日するな”なので、きちんとコンディションをととのえて締め切りも守り、そのおかげで長く第一線でご活躍できているのだと改めて感じました。私も逃げ口上でなく、藤子不二雄Ⓐ先生とおなじ意味で座右の銘にしたいです。

2Fに行きました。高岡と同じく螺旋階段をあがります。

まんが図書室があります。自由に読めます。

デジタルまんがスクリーンがとても楽しい!

そして、このデジタルまんがスクリーンはおすすめです。ぜひ体験してください!無料です。

(めちゃくちゃネタバレですので自分がやるまで見たくない方はは飛ばしてください)

何も知らず、ハットリくんに忍法をかけられているところです。

上のカメラでこのように撮ってくれます!面白い!でもうつむいていたのでやり直し。

顔がデカすぎて頭巾に収まりませんでした…。背景は何種類かあるようです。

ハットリくんと交互に笑ゥせぇるすまんでもできます。誰もいなかったので、合計4回撮りました。1分ぐらいでできます。

ほんとうに楽しかったです!

帰りに氷見と高岡で買った絵葉書を

このポストに投函しました。

普通の消印ですが、高岡のドラえもんポストで出せなかったのでちょうどここで出せてよかったです。すっかり満喫できました!

富山の旅の記事は、ハットリくんのアニメ紹介風に“の巻”に直しました。リアルタイムでアニメを視聴されていた方、覚えてらっしゃいますでしょうか。また、の巻=野真紀と名前も75%かぶってます。それと京都に限らず富山も「そうだ、富山行こう」にすればよかったです。次回はそうします。今回も直すかも。あと1回富山の旅を書こうと思ってます。

11/23(祝)は酒税セミナー@関西です!秋も深まり、大人の遠足の季節です。あと4名様、お待ちしております。


【昨日の一日一新】

・柿の葉寿司たなか えび

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする