球団創設85周年記念映画『阪神タイガース THE MOVIE ~猛虎神話集~』を観てきました

Pocket

球団創設85周年記念映画『阪神タイガース THE MOVIE ~猛虎神話集~』を観てきました。

入場者プレゼントゲット

2/14から全国で公開されています。私も気合を入れて、初日に名古屋駅のミッドランドスクエアシネマにて鑑賞しました。特別料金で1900円です。名古屋は中日ドラゴンズのお膝元ですが、こうして心置きなく鑑賞できることに感謝です。

入場者プレゼントとして、デイリースポーツ優勝号セットがもらえます。

1985、2003、2005年優勝時の紙面と、早くも2020年優勝予想記事が載った貴重な紙面です。優勝から遠ざかっていた年月の長かったこと…。この間の暗黒期は、1985年の優勝の喜びなどをかみしめてひたすら耐え忍びました。数量限定だそうで、まだあるかどうかわかりませんがファンの方無事ゲットできますよう。

タイガースの映画関連の展示物は特になかったですが、同時期に上映している侍ジャパンの映画『侍の名のもとに』関連の展示はありました。DeNA山﨑康晃選手と今永昇太選手のユニフォームです。

甲子園観戦の雰囲気をいち早く感じたくて、ビール片手に入りました。

余談ですが、買ってから落合博満さんが先日福嗣くんと都市対抗野球を観戦したときに初めてビールを見ながら観戦した、とのエピソード(2/4徹子の部屋にて)を思い出しました。仕事上はお酒飲みながら観戦するなんてありえなかったそうで、それで都市対抗に行ったそうですがどこで飲むお酒よりも美味しかったとのこと。少し申し訳ない気持ちになりましたが、せっかく買ったからには落合博満さんの分まで美味しく味わおうと気持ちを切り替えました。

知ったきっかけは御園座の歌舞伎公演経由

1月に、シネマ歌舞伎を観ようと久々にミッドランドスクエアシネマに行ったとき、このチラシを見つけました。

2/14プレイボール!!!このチラシをみるまでぜんぜんしりませんでした。阪神ファン歴40年、ファンクラブもダイヤモンド会員(10年以上)なのに、(きっとメルマガでもアナウンスがあったと思いますが)うっかり見逃していました。

またシネマ歌舞伎を観に行こうと思ったのも、片岡仁左衛門さま目当てでニューアル後初めて行けた御園座の公演ロビーにてもらったチラシがきっかけだったので、御園座&片岡仁左衛門さまに感謝です。風が吹けば桶屋が儲かる、ではないですが、こういう不思議なつながりで行けることが多くて嬉しいです。一方で気づかずに見逃してしまうことも多いとは思いますが、今回は行けてほんとによかったです。

すごくよかったです!続編も作ってほしいです!

掛布雅之さんがナビゲーションで、過去50年間の名シーンと当時の方々ののインタビューで構成されています。最初からテンションが上がります。大画面であの名シーンが観られたのはとても感動。裏話も沢山聞けました。石坂浩二さんのインタビューもよかったです。いま現役で活躍されている選手、あの外人選手、あの大記録を作った選手など色んな方が出られてました。また阪神の選手だけでなく、対戦チームの選手や球場の広告からも時代背景がわかったりとその辺も興味深かったです。

個人的には掛布選手が大好きなのでずっと出っ放しだったのがとても嬉しかったです。声も張りがあり、体格もよくてお元気そうなので、いつか一軍監督をしてほしいです。

とっても素晴らしい超感動大作映画でしたが、ひとつだけマイナス点を申し上げるならば、試合時間より短い90分では50年間の名シーンを抜粋するには短すぎます。まだまだ見たいエピソードが沢山あるので、パート2としてまたファンにアンケートを取るなどして続編も作ってほしいです。また、阪神の場合は過去の名試合をTV中継することもあるので、85年の優勝試合を一度スクリーンで観てみたいです。

応援ユニフォーム着用の方も何人かいらっしゃり、会場はほぼ満員でした。客層は見事にバラバラなのが面白く、他のスクリーンとはまた違う熱気にあふれていました。ミッドランドスクエアシネマえではNGですが、会場によっては応援上映(旗や楽器、ジェット風船はダメですがメガホンなどの応援グッズ&声援手拍子OK)もできます。

上映劇場は31劇場、残念ながら全部の都道府県で上映するわけではないのですが、掛布選手の背番号と同じ31というのが嬉しいです。阪神ファンはもちろん、阪神ファン以外でも阪神に対して強いアレルギーがなければ、昔の名シーンも多いので楽しめると思います。

その前に岸田劉生展に行きました

この日のタイガース映画の上映時間は21時5分からだったので、その前に名古屋市美術館に行って岸田劉生展を見てきました。毎週金曜日は20時まで開いてますので、ゆっくり観られると思って仕事帰りに寄りました。

今日まで、重要文化財の『麗子微笑』が見られます。この絵です。

絵と同じようにコスプレをして記念撮影し、SNS投稿もできます。ネットでは麗子よりすち子さんに近いとのコメントが多かったです。

しりあがり寿さんのイラストです。かわいいです。トートバッグなどのグッズもデザインされていました。

1時間ぐらいじっくり鑑賞しようと思ったのですが、この後思わぬハプニングがあり、10分ほどで出ることになってしまいました。絵の記憶がほとんどなくて残念です…。行く前に他人事で大笑いしたのですが、まさか似たような思いをすることになるとはもっと自分事だと思えばよかったです。(注:私は大丈夫でした)。

でも、私が谷口さんにした返信に中日新聞社文化事業部(岸田劉生展の主催者)さんからいいねを頂きました。ほんとはもっと知的な感想を書きたかったのですが、こんな内容にも反応してくださって嬉しかったです。

【昨日の一日一新】

・男と女 人生最良の日々 ほか また書きます。

・ホットサンドメーカー 頂き物でさっそく作ったらとても美味しくできました。色々アレンジしてみます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする