名古屋・栄の平日ランチ探訪 名古屋ラーメンまつり2020に行きました 2/17まで久屋大通公園で開催中です

Pocket

名古屋・栄の平日ランチ探訪 名古屋ラーメンまつり2020に行きました。

第1弾から第3弾まであり、今は最終の第3弾です。2/17まで久屋大通公園で開催中です。

以前、鈴木禎三さんの個展に行ったときに寄ろうとしたのですが、ちょうど第1弾と第2弾の間の日で休みでした。

その後も日にちがなかなか合わず、やっとこさ第3弾の終了間際に行けました。

とても人気のイベントでもう何年もやっていて、私も情報番組などで開催しているのは知っていましたが、ものすごい混雑するしラーメンは好きだけどそこまでマニアックでもないから自分の行く対象ではないと思ってました。

でもよく考えると、イベント会場の久屋大通公園はコワーキングスペースからとても近いし、平日も実施しています。食べてサッと帰ったら時間もかからなさそうだし、しかも屋外なので普段と違った雰囲気で楽しめそう。と思い、行ってみることにしました。

基本はラーメン1杯900円です。事前にチケットを買って各お店のカウンターで出すシステムです。事前にファミマで買うか、または現地で買います。現地だと券売機もありますが、セット売り券(5枚とか全店舗30枚分など)や平日割引券を買う場合はとなりの有人のカウンターで買います。

平日割引券は100円引きの800円になります。3枚まで買えるとのこと。学生・女性・栄勤務の方(会社の住所が名古屋市中区栄)のみ買えます。女性は申告のみでOKで、他は学生証や会社の名刺を見せれば買えます。私も無事買えました。

チラシももらえます。

沢山あります。大阪のお店が多いです。大体決めてあり、最後は混み具合で決めました。

10時半スタートで、着いたのは10時40分でしたがもう長蛇の列になっているお店がありました。チラシ右上の、蟹入りラーメンのお店です。

長蛇と行っても20人ぐらいで(蛇まで達してない)、休日に行くよりは断然空いているため並んでもよかったのですが、もう一つ気になってたお店の方がすぐ食べられそうだったのでやはりそちらにしました。名前を見て一目ぼれしたお店です。

名前からしてコテコテなのかと思ったら、あさり山盛りで貝出汁なのでサッパリ食べられそうです。こってりよりも昨日はサッパリしたのがよかったので即決でした。SNS投稿すると十三のお店で使える煮卵トッピング券がもらえるとのこと。

私は十三までなかなか行く機会ないのでやめましたが、このチラシを見てラーメンマニアの方は遠方からも行き来されているんだと気づきました。こんな身近な場所で開催してたのにずっと行ってませんでしたが、行かなきゃもったいないですね。

5分ぐらいで出来上がり、飲食スペースに移動しました。ビニールハウスは2か所あり、椅子があるスペースと立ち食いスペースの両方あります。立ち食い用のテーブルは、もっと店舗よりの場所にもあります。何杯も食べる方だとその方が早いです。

アンケートに答えると抽選でアマゾンギフト券がもらえるとのこと。応募しました。

テーブルにはティッシュとアルコールスプレーが所々にあります。お水は無いので、会場でペットボトルやビールなど買います。(私はラーメンだけにしました)

さて、頂きます!

麺がふとくて、チャーシューも食べ応えがあってとても美味しかったです!

食べていて、券が三枚まで買える、という意味がやっと分かりました。これは女性でも2杯は食べられる。こってり2杯は無理でも、こってり&さっぱりや、さっぱり2杯なら大丈夫そうです。1杯だけにしましたが、2時半ごろからお腹が空いてきました(笑)

新たなランチ候補を開拓できてよかったです。待ち時間入れても30分足らずで済み、人気イベントでも平日昼間だとスムーズに入れました。なにより屋外で食べるのは開放感があってとてもよかったです。久屋大通公園ではこういうイベントをよく開催しているので、また平日やっていたら行こうと思ってます。

【昨日の一日一新】

・名古屋ラーメンまつり2020

・阪神タイガースTHE MOVIE また書きます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする