「あのときお世話になった税理士でございます」

Pocket

先日の経営者塾にて。近くに座られた方が(ここでは多分お初だと思いますが)以前どこかでお会いしたことがあるような気がしました。

交換させていただいた名刺を拝見し

「やっぱりこのお名刺頂いたことがある!!」

数年前に一度お伺いした、不動産会社の方でした。

3年近く前、事務所の先生より独立するように言われたばかりの頃。この先も税理士登録せず居座るつもりだったので、まさに青天の霹靂でした。

どうしていいのかわからず途方に暮れ、でもなにかやらねばと思い、まず事務所が物件探しを始めました。色々探していると、素敵な雰囲気の不動産屋さんを発見。それがその方の会社だったのです。

あのときは独立する意思もないため物件のイメージもあいまいで、場所も広さも、自宅兼事務所なのか?事務所だけなのか?そもそもいつから借りるのかすら想定していませんでした。

追い出しの圧力も強く(私のためを思ってのことですが)、何もかもがほんといやでげっそり痩せました。あのときだけ。(独立はそれから1年以上後でしたが)

そんな後ろ向きな心のまま、とりあえずですが今の私ならどんな物件があるでしょうかという大迷惑な相談をしてしまったこと、心から反省しております…。

お伺いするととても素敵なオフィスで、私の憧れのインテリアが沢山あって感動したのを覚えています。

そのままテンションが上がって「私もこんなオフィスを構えたい!」と独立心が沸き起こってもよかったのに、こんな情けない自分がこんな素敵なとこにいて恥ずかしいと、雰囲気にのまれて委縮しまくっておりました。普通にくつろげばよかったのにアホですね。

でも私のこんな困った相談にもご親切に対応してくださり、仮に今だったらこんなのがありますよ、といくつか紹介してくださいました。商売にならない相手なのに、ほんとすみませんでした…。

あのときは結局それだけで終わってしまいましたが、探せばきっと私に合う物件もあるのだと私自身はとても気が楽になりました。

少し後に禁断の書を手に取り、ひとり税理士という道を発見。これならこじんまりしてて私でもできそうと思え、しばらくして税理士登録の手続きを始めました。

独立直前に再度物件を探しましたが、結局引っ越さず自宅兼事務所で開業することにし、最初の物件探しから1年以上経ってどうにか独立できました。

「あのときお世話になった税理士でございます」

(この通りではないですが、ずっと憧れていたセリフです)

結局物件は借りなかったもののその後どうにか独立できて、おかげさまで元気でやっている旨をお伝えできてよかったです。お詫びするのを忘れましたが(^^;)

もちろん覚えてみえませんでしたが(絶対思い出さないでほしいです…)、珍しい再会にその方も喜んでくださいました。

晴れてこういう勉強会で再会できて、お礼を言えたことがありがたかったです。

今までにもたくさんの方にご迷惑をかけていて、その後再会しても気づいてなかったり、また一期一会で終わる場合の方が多いと思います。それだけに今回の再会は嬉しかったです。禁断の書との出会いも強烈でした。

どんな出会いも意味がありますよね。ご縁があってもなくても、これからも出会いを大切にしていこうと思えました。

【昨日の一日一新】

湧水町ふるさと納税お礼の品 到着

H30年第一弾、お米が到着しました。

H29年の年末に申し込んだ日本酒もそろそろ届くと思います。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする