問いに素直に答えることの難しさ

Pocket

聞かれた質問にその通り答えるのは意外と難しいです。

題意に沿った解答がなかなかできない

中小企業診断士を勉強していたときに「題意に沿った解答を!」と先生にさんざん言われて、自分なりに一所懸命考えたものの、いつもどこかピントのずれた答えばかり書いてしまって結局受かりませんでした。

いまでもピントのずれた受け答えをしょっちゅうしてますが、題意に沿った答えを出すことの重要さだけは!身に沁みています。

“課題を3つ挙げよ”“留意点を理由とあわせて200字以内で述べよ”(←適当な例示です)のような問題文を見てちゃんと“課題3つ”“留意点&理由を200字でまとめる”を常に意識するくせがつきました。内容まで反映できなかったのがとても残念です。(だから受からなかったんですが)

中小企業診断士はコンサルタントの国家資格ゆえ、題意に沿った解答は出来て当たり前ですが、日常生活ではそこまで厳密でなくても少し意識するだけで結果がだいぶ違ってくることが多々あります。

日常生活で意識してみて起きた変化

私が実感したのはTwitterのプレゼントです。普段のくじ運は人並み以下で、大手コンビニチェーンなどの「何々チキンが食べたい!」とかは全く当たりません。なので最近は全然やってません。

ところが、『フォロー&“一言書いて”リツイート/ハッシュタグつきツイートして抽選で〇名に当たります』、となった場合。倍率が何万倍などの競争の激しいのは避けているのもありますが、この1年以内で4回応募して3回当たりました。映画イエスタデイのサントラ、名演小劇場のネトフリチケット、三重のおいしいもん4千円分(New!)です。

ドヤしたのにサンプルが少なくてすみません。でも75%の確率で当たっています。あと何回かこのほかに弥生焼酎とオリオンビールも当たりましたが、こちらはコメントなしのリツイートでした。アカウントからお酒のにおいがプンプンしていたのかもしれません。感謝です。

当たった3つは、頑張って題意に忠実に書いたつもりです。名演小劇場のは一言だけだったので割愛しますが、

ビートルズで1番好きな曲をとあったので悩んで1曲だけ書きました。

三重のおいしいもんを添えてリツイートとあり、タイトルが『教えて!わたしのイチオシ!』とあったので、イチオシをまず答え、それ以外に自分が今まで食べてきたおいしいもんを書きました。

ツイートする際にほかの方の回答を参考までに見たのですが、(最初にお断りしますが上から目線で申し訳ございません)リツイートだけしていてコメントのない方が意外と多かったです。さらに、実際のコメントではなく例えですが「今度三重に行きたい!」「赤福っておいしいのかな」のような、問とは少しズレた回答も結構ありました。

これはもしかして、きちんと書けばひょっとしてひょっとするのでは!と、よりすぐりのおいしいもんを列挙しました。この企画はプレゼントでもありますが、三重のおいしいものをPRするのが目的なので、コメントにまだ出ていないけど三重県民には有名でほんとに美味しいものをよりすぐって書きました。もちろん、松阪牛の阪の字も間違えて坂にしないように気を付けてます(ここを間違うとほんとに三重に住んでたのかと疑われます)。

応募してだいぶ経ってたので、無理だったかと思っていたら先日、当選しましたとDMが届きました!もうすぐ届くと思います。楽しみです。

Twitterなので気軽にリツイートする方が多いですし(それでも宣伝効果はあるのでOKだと思います)、どちらかというとこんなにガチで挑む私の方がキモイです。それにたまたま当たった可能性の方が大きいとは思いますが、それでも当たるのは嬉しいです。もし内容を読んでくださってたとしたらもっと嬉しいです。

昨日もとあるキャンペーンを見つけたのですが、商品は欲しいもののアンケート内容に詳しくないのでやめました。やはり公式の方も、アンケートには正確に答えてくださいという旨のツイートをされてたので、今回は見送ってよかったと思います。またこれからもTwitterでガチのリツイートで挑んで当選確率を検証していきます。

ただ単に当たったのが嬉しいことを書きたかっただけですが、こんなにも回りくどい記事になってしまいました。三重にはおいしいもの沢山あるので、ぜひGoToキャンペーンでいらしてください!

アイキャッチ画像は、天巻き発祥のお店の天ぷらさかもとの天巻きです。また食べたいです。

【昨日の一日一新】

・浜松市web物産展20%オフクーポン 楽天で使いました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする