お湯呑み出来上がりました!

Pocket

先日の陶芸教室で、ついにお湯呑み3つ出来上がりました!

素焼き後先生に字をお願いし、その後釉薬をかけて本焼きされてできあがったものです。

独立したら、事務所で使おうと考えています。

先生の字です。私の名前の字を入れてもらいました。この色は鉄だそう。気持ちが引き締まります。

手書き後

その後釉薬をかけます。右が伊賀釉です。いったん字は消えますが、焼くと現れるとのこと。

左は透明釉です。焼き上がりは透明ではないですが後で出てきますのでお楽しみに。

釉薬をかけたあと

これが完成品です。

お湯呑み出来上がり

字がちょっとにじみましたが、いい感じの伊賀焼になりました!

右が一番くっきりと現れています。釉薬をかけた量の違いだと思います。毎回出来上がるまでのお楽しみで、一つ一つ違うのがまたいいんです。

お湯呑み内部

上から見たところです。同じ釉薬ですが、雰囲気が違いました。右はちょっとピンク色です。御本手(ごほんで)というそう。少し梅花皮(かいらぎ、と読みます)も入りました。縮れてウロコっぽくなって、お茶碗の見所だそうです。

お茶を飲むより、日本酒が合いそう(^◇^)飲み比べしたいです。

真ん中は花びらを浮かせると綺麗かもと言われましたが、両端は完全にお酒用です。

今度、改めてお茶用のを作ります。

お皿

一緒に作った小皿です。字は私が書きました。

福は先生の字を、智は嵐の大野君から拝借しました(特にファンではないですが)。

左が透明釉です。こちらもお酒のつまみ用です。このわたを入れるといいよ、とは先生のアドバイスです。

というわけで、酒器が沢山出来ました。

不思議なもので、私が作ると全部酒器になっていきます。今度こそ湯呑みを作ります!

次回作

こちらが次回以降の分です。右の大きいのは、実家で大きめの湯呑を頼まれ作ろうとしましたが、これまたビアカップになりそうです。不器用すぎてうまくできず、ほとんど手伝ってもらったものです。

【昨日の一日一新】

鯛のアラ入りお味噌汁

スープジャーに毎日お味噌汁を持っていきますが、具がマンネリ化してきました。

鯛のアラが108円だったので入れたら、ものすごいグレードアップ!これからしばらくはまりそうです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする