スタバのコーヒーセミナー「コーヒーをはじめよう編」に行きました 

Pocket

スターバックスのコーヒーセミナーに初めて行きました。

いつか行きたいと思っていて、寄ったときにちょうど案内を見つけたのでその場で申し込みました。

コーヒーセミナーは沢山あるそうです。

私が行ったのはコーヒーセミナーが初めての方向けの「コーヒーをはじめよう編」でした。約1時間で千円です。店頭でもネットでも申し込めます。

昨日の参加者は6人。コーヒー好きの方、普段は紅茶派の方などいろいろで、わいわい気楽に楽しめました。

コーヒーを淹れるときのコツ、テイスティングの方法、自分でハンドドリップ、カスタマイズしてみる、などわかりやすく教えてくださいました。

こちら。ウェルカムドリンクの新作・水出しコーヒーです。

コーヒーを淹れる時の温度は90~96℃がベストとのこと。測るの難しそう…と思ったら、お湯が沸騰したら火を止めて20秒待つと、94℃になると教わりました。なるほど、今度やってみます!

次にテイスティングです。エチオピアというアフリカのコーヒー豆でをフレンチプレスで淹れたもの(右)をいただきました。(左はウェルカムドリンク)

アフリカのコーヒーはエキゾチックでベリー感があるとのこと。

香りをかいでからすするように飲み(口の中全体に広がってより味がわかる)舌の端までコーヒーを広げて味わい(酸味は舌の両端でわかる)ました。

普段そのままゴックンと飲むと「コーヒーの味」以上に感じませんでしたが、こうやって飲むと味音痴の私でもほんのり果実の風味がするのがわかりました。

さらに、このエチオピアはチョコレートと合うので、コーヒー→ケーキ→口に入れたままコーヒーの順で味わいました。

コーヒー単独で飲んだときより、さらに美味しく感じました。

コーヒーの種類によって合う食べ物が違うそうです。これは大事なことを学びました。

今まではケーキを選んでから何飲もうかな~、と大雑把に選んでましたが、逆なのですね。今度スタバで飲むときは組み合わせを考えて選びます。

日本酒やワインなどと同じで、組み合わせの面白さを学びました。

続いてハンドドリップの方法を教わります。「はじめよう編」なので、お手軽かつ美味しい、オリガミを各自で淹れました。

オリガミは日本のスタバ限定だそうです。

お湯はストロー以下の太さで注ぎます。

  1. 一度目は湿らせるぐらいに注いで30秒待ち
  2. 次に7分目位まで注いでお湯が落ちるのを待ち
  3. 落ち切る前に、2回目より少なめに注ぎ
  4. 最後の1滴まで待たずにカップに7分目位まで入ったら取り出す(もちろんぎゅっと絞らない)

こんな感じで淹れました。注ぐときのお湯の太さが難しいです。でもなかなかいい具合にいれられました。

カスタマイズをしてみました。フォームミルクとシナモン、砂糖など。美味しかったです。お店でもやってみようと思います。

セミナーに参加すると、スタバのカードとコーヒーパスポートがいただけます。

このカードはセミナー参加者限定デザインだそうです!

チャージして使ってみようと思います。

コーヒーパスポートは、セミナーで学んだコーヒーについての知識や、スタバで売っているコーヒー豆の紹介など載っています。参加者みんなこのパスポートに大喜び!私もこれをもらえたのは収穫でした。

レジで、飲んだコーヒーのシールももらえるそうです。これから集めたいです。

自己流で楽しんでましたが、ちょっとしたコツがわかって面白かったです。まだ飲んでないおいしそうなコーヒーも沢山あるので、これを持ってちょくちょく行きたいと思います。

こちら、コーヒーの木だそうです。お店の入口にありました。

【昨日の一日一新】

スタバ コーヒーセミナー コーヒーをはじめよう編

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする