“soba cafe 日本の暮らし”さんに行ってきました 2回目です

Pocket

昨日は、5月におじゃましたsoba cafe 日本の暮らしさんに、母と再び行ってきました。

前に私が書いた記事が、なぜかお店のトップページよりも、さらにあのランディさん(言わずと知れた名古屋のカリスマ覆面ブロガーさま☆愛読してます)の記事よりも上に出てくる珍現象が発生しています。私にも直しようがなく、申し訳ございません…。

でも読んでくださった方、本当にありがとうございます。

お品書きです。本当は2ページ目以降にも様々なメニューがあります。

お品書き

おそばやさんですが、“soba cafe”なので、カフェメニューやアルコール、おつまみなども充実しています!

この日はベーコンを仕込んでみえました。そのベーコンを使ったサンドイッチや朴葉みそ(ご飯にもお酒のアテにもよし)、エビスビールにペギー珈琲さんのコーヒーなど。

全部がメインディッシュです!また何回かに分けておじゃましたいと思います。

肌寒かったので、おろし蕎麦(温)ととろろ蕎麦(温)を注文しました。

おろし蕎麦の鰹節は、自分で削ります。

こんなていねいな“日本の暮らし”、したことがありませんでした。

削る前の鰹節

初めてだったのでコツがつかめず悪戦苦闘。

母に交代したら、スッスッと上手に削っていました。さすがです。

自分で削った鰹節

こちらはおろし蕎麦です。

お蕎麦は毎朝石臼で挽いて、三たて(挽きたて、打ちたて、茹でたて)の二八蕎麦です。

soba cafe 日本の暮らし おろし蕎麦(温)

とろろ蕎麦です。こっちにも鰹節をかけました。

soba cafe 日本の暮らし とろろ蕎麦(温)

美味しかったです!

夢中でそば湯まで一気に進みましたので、その後写真がありません。

小鉢は、自家製のぬか漬け・朴葉みそと豆腐・なすとピーマンの和え物です。

なすとピーマンは、最初にしっかり炒めて油をしみこませ(味がなじみやすくなる)、その後“白たまり”で味付けされたそうです。

白たまりは、簡単に言うと“白い醤油”です。愛知県特産で、小麦と塩から出来ています。

大豆を使わないため醤油とは言わないのですが、料理が黒っぽくならないので素材の色を生かせます。

この“白たまり”を使ったお蕎麦もあるので、また行ってみたいです。

こちらが石臼です。かっこいいです。

石臼

店主の方と色々おしゃべりしました。

芯が強くて明るい方です。お人柄やお仕事のスタイルなど、私の理想を全部持ってらっしゃいます!

お蕎麦を食べつづければ、私の細胞も入れ替わるでしょうか!(切実です)

一方的に書いた記事でしたのに、お礼を言ってくださって恐れ入ります。こちらこそありがとうございました。

今後、女性向けの素敵なランチセットや様々なセミナーも企画されているようで、楽しみです。とりあえずこの11/4のセミナーは、時間が合えば行ってみたいです。

sobacafeセミナー

母にも親孝行ができて良かったです。

しかし、鰹節削りはかなわなかった…。今の世代で、こういう日本の文化が途絶えてはいけないなと思いました。

【昨日の一日一新】

1.soba cafe 日本の暮らし おろし蕎麦

2.アンジュール覚王山店 うみたて卵のクリームパン

アンジュール覚王山店 アンジュール クリームパン

soba cafe 日本の暮らしさんの近くだったので、後で行ってみました。

長久手のお店の2号店です。1番人気のクリームパン、クリームが濃厚で美味しかったです!

後で知りましたが、ここにはR ART OF COFFEEさんの珈琲があります!

R ART OF COFFEEさんは島根のCAFE ROSSOで修業後本山で開店→長久手に移転→最近は諸事情でイベントやネット販売に移行されました。

パンと一緒に買えるのは、個人的には嬉しいです。両方買いに行きます!

3.視力回復用のトレーニングセット

眼のトレーニング

まだ老眼ではないと思いますが(^^;)疲れ目に効くといいなと思って買いました。

仕事の合間にやり始めました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする