SIMカードの大切さに今頃気づきました いろんな意味で時代遅れです

Pocket

昨日、古いスマホを復活させました。

別にスマホ無しでも自由で快適でしたが(慣れってすごいですね!)、週末に行くコンサートのチケットが電子チケットなのでスマホかタブレットが必要と知り、また会場も遠方で友人に迷惑をかけてはいけないので(当たり前です)復活させた次第です。

もし予定がなかったら、このままスマホなしで頑張ってみたかったです。

スマホ復活までの道のり その1 私の場合 

くどくてすみません。

落としたスマホが無事だったらそのまま使うので、警察から返却されるまでの間のみ古いスマホを使うことにしました。

細かい経緯はここ一週間のブログをご参照ください。

かかる費用は、

  1. 落としたスマホがそのまま使えたら、SIMカード入れ替えでの2,160円×2=4,320円と警察からの着払い送料など
  2. 壊れていたらドコモの補償サービス利用で、諸経費込みで8,000円ぐらい

で、日数もあと10日ほどかかります。

スマホ復活までの道のり その2 一般的な場合

手っ取り早く、(落としたスマホは警察から届き次第ドコモに返却して)いきなり新しいスマホを補償サービスのみ支払ってすぐ使うこともできます。むしろその方がその日から使えますし、おすすめです。

今のスマホはデータもクラウド管理されていて、データも前のスマホと同じくログインすればアクセスできるので、問題ないと思います。LINEを使っていたら履歴が見れなくなるそうですが、私はLINEも使っていませんでした。

この場合、上記2のドコモ補償サービスの約8,000円(と少し)で、即日使用可能です。

心情を優先しました

やっぱり自分の性分なのか、落としたスマホを見捨てることはできず、時間もお金もかかるかもしれませんが“その1”を選ぶことにしました。

仕事用のなら別ですが。

お金や時間はかかって不合理かもしれませんが、気持ち的にどうしてもできませんでした。

この行動も、行動経済学や感情マーケティングで分析できるのでしょうかね??

仕事をする上でも、つい効率的でお金のかからない選択を探しがちになってしまいますが、当事者の気持ちを尊重して良い方法を見つけられるようにしていこうと思います。

ドコモショップの方も、私のその(おバカな)気持ちを汲んでくださったのでありがたかったです。

でも友人から飼い犬のワクチンに2万超かかった話を聞いて、上には上がいると思いました…。ここは金額が問題ではないですよね!

SIMカードさんありがとう・・・

手続きの際にドコモショップの方が、「落としたスマホのSIMカードは、サービス止めた時点で死んでますのでご安心ください(^_^)v」とおっしゃり、その直球な言葉でSIMカードってそういうしくみだったのか!とようやく理解できました。

と、同時に、私の軽率な行動でSIMカードを不用意に殺してしまったことにショックを受けています…。

なんなら、一時的に復活させたこのスマホのSIMカードももうすぐ死ぬ運命ですし、今まで機種変更のたびにたくさん死なせています…。

他に無駄遣いしているものももっともっとありますが、こういう高機能な物の入れ替えはけっこう心情的につらいです…。できれば中身だけバージョンアップさせて、ずっと持っていたいのですが、世の中そういう風だと経済が回っていかないのでしょうね。MOTTAINAIの精神と矛盾しますが。

IT関係以外の物はなるべく原始的なものにして長く使うようにしているので、そんな自分の性分と、仕事においての効率化とのバランスを上手にとりつつやっていきたいと思っています。

しかしこの性分は、これからの時代に合っていないとつくづく感じました…。

【昨日の一日一新】

古いスマホの復活

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする