しくじり先生 真紀ちゃんみたいになるな! 

Pocket

もう3月!早いです!昨日は甥の高校の卒業式で、私はFacebookの友人の投稿で知りました。

(その方のお子さんと甥は同じクラスだということが友達申請後に判明 世間は狭いです)

今年卒業というのは知っていましたが、あっという間です。お正月以来2か月経つからそろそろ実家にお酒持って寄ろうか、お仕事はもうすこしキリがついたら…と思っていたところでした。

私の2カ月=お仕事と飲み歩き、甥=入試と卒業

甥に「おめでとう!また行くね!」とLINEをしたら、「また来てね。おらんかもしれんけど笑」との返事が。

そうか…(>_<)まだどうなるかわかりませんが、進路次第では自宅を離れてしまいます。

私にとってはお正月から今まではいつもの2か月で、年だけは取ったものの単に60日あまり過ぎただけで、ほぼ日常でした。あえて言えば「平成最後の~」がつくぐらいです。

ところが同じ2カ月でも甥にとってはとても特別な期間です。私が飲み歩いたり食い倒れたりといつもの日常を送っていた間に、入試や卒業式など人生の一大イベントをいくつも経験していました。高校三年生なのでまあ当たり前なのですが、一日一日すごい重みがあったと思います。

今は結果待ちなのでまだこれからも4月にかけて先が読めない日が続き、来月にはいったいどこでどんな生活を始めているのか誰もわかりません。想像しただけで私まで期待と不安がまじります。たまにしか会わないので余計大げさに思えるのかも。生き別れるわけでもないし、まだ実家に残るかもしれないのに(笑)

でも私が枕草子のことをすっかり忘れてH30年分の年末調整や償却資産税、給与支払報告書、所得税の確定申告等に没頭している間=単にの締め切り目線で日常を送っている間に人生のイベントをひといくつか終えていて、ほんとにすごいなあと思いました。ふだん大人としか接してないのでなおさら感じます。

母(ばあちゃん)から卒業式に出かける前の甥の写真が送られてきて、ジーンとしました。つい最近まであんなにちっさかったのに、いつの間に。親でもないのにこんなにジーンとしてしまったので、親だったらもうたまらないでしょう。

しくじり先生 真紀ちゃんみたいになるな!

この甥は私の悪いところばかり似ていたので、ずっと余計な心配をしていて、小中学生の頃などは私みたいになったらほんとカワイソウ、とめちゃくちゃ気がかりでした。

ところが良い友人に恵まれ、また勉強もスポーツも楽しかったらしくとても充実した学生生活を送っているようで、ほんとよかったです。やりたいことも早くからみつかったようで、途中から目の色を変えて受験勉強にも打ち込んでいました。

疫病神な私(=センター試験に大失敗して受験が終わってしまった人)が会いに行ったばかりに、甥に万一のことがあってはいけない、と思ってお正月以来連絡もしませんでしたが。そんなくだらない心配はしなくてもよかったようです。私の税理士試験のときの何倍も勉強していました。

昔から、「真紀ちゃんみたいになるな!」と私は綾野家ではしくじり先生の扱いを受けており(ひどくないですか?(笑)でも事実&自業自得なので仕方ない)、塾に行かず現役で志望校に合格して対照的だった弟の受験話とともに散々聞かされて育ったので、相当頑張ったと思います。でもそれでうまくいくなら、私もお役が全うできて浮かばれます(T_T)あと2人いるのでまだまだ続きます。

これから運命の分かれ道があります。人生はそうすんなり行くとは限りませんが、どうか自分で人生を切り開いていくよう、そっと遠くから祈っています。

私と似てるから大丈夫かな…と気がかりでしたが、まず理系を選択した時点で私とは全っ然似てないので、心配しなくてもちゃんとやっていくと思います。それよりも逆に心配されそうです。

しかし、私が税理士登録もせずウジウジしていた期間中に生まれて、そしてもう高校卒業していくなんて。ちょっとびっくり。ボーっと生きてんじゃねえよ!私…。

1年ってあっという間です。仕事は大事ですが、目の前の仕事にどっぷりはまっているだけだと、人生の流れや時間は有限であること、仕事も日々の暮らしもかけがえのないものであることを忘れがちになります。とくに私は漫然と暮らしてしまいがちで、もっと意識していかないと。甥っ子のこれからも楽しみですが、私ももうちょっと頑張ります。

母(ばあちゃん)に「あんたの見たFacebookの写真を送れ」と言われて、その方のFacebookの写真を甥っ子に内緒でこっそり母に送りました。一体何をやっているのか。

「来てね おらんかもしれんけど」のLINEにハッとして、その夜にでもすぐ実家に行こうかと思いましたが、下の甥がインフルエンザと聞いてやめました。

【昨日の一日一新】

・センバツのチケットを買う

平日の1回戦を買ってみました。昔は校歌を覚えるほど高校野球が大好きだったのに、税理士試験以降はあまり見なくなりました。甲子園自体も久々で、楽しみです。雨が降りませんよう。でも甥っ子が球児よりも年上になるとは何か信じられません。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする