仕事用のハンコを作らなくても税理士業務はできます 押印する機会も少なかったです

Pocket

昨日、とある書類をつくることになりました(決算について一筆書かせていただくもの)。

最初とまどいましたが思いのほか順調に作成ができ、「最後に押印して書類を郵送してもらえますか」とのことで、押印して無事提出できました。押印して気づきましたが

仕事用のハンコを作らないまま1年経ってしまった

今はそういう方は多いと思います。私も何の滞りもなく、今まで過ごしてきました。機会があれば作りますが、このままだと要らないと思います。

(法人だと話は別ですが)

書類に押す判子は、とくに決まっていませんので認印でも大丈夫です。

そもそも使う機会が少ない

相続税申告等もしておらず、基本は電子申告で済むので、押印するシチュエーション自体がめったにありません。

ソフトの契約をするときや、銀行口座開設、小規模加入など契約手続きなどで押したぐらいです。

勤務時代、元の先生は職印(税理士○○○○と彫ってあるもの)を持ってみえましたが、重厚なケースから出すのが煩わしいのか(さらにキャップもあるし)、めったに使ってらっしゃいませんでした。

電子申告になる前も、そっちではなく普通の認印を押していました。

消耗が激しいかと思いきや、20年以上使っても全然大丈夫でした。

住所も書かないのでゴム印もいらない

昔だと年賀状用に持ってらっしゃる方もいるぐらいで(古い話ですみません)住所と名前入りのゴム印は仕事だといるのかなと思っていました。前の事務所では時々使ってました。

直筆で住所氏名を書く機会もほとんどありません。税理士登録申請書のときに山ほど書いたぐらいです。

紙の書類自体はまだ多いですが、それも一から手書きではなく、自治体の申請書等も用紙をダウンロードして、Excel版だと住所氏名も含め、入力して出せるものがほとんどです。

朱肉は持ってますがそういや黒のスタンプ台も持ってません。小切手も仕訳でしか登場せず…。

振込もネットバンキングです。個人でやっている限り、今の仕事内容では要らないと思いました。

番外編 科目印

科目名ごとのハンコで、100個ぐらいあります。

前の事務所では大活躍していて、人数分なかったので順番待ちすることもありました。何となく20年同じやり方でやってきていたので、かかせないものだと思っていました。勿論買ってません。

ゴムが取れて、何度も接着剤で着けたのも良い思い出です。

各科目で使う頻度に差が有るので、取れるのはいつも同じです。諸口で使う租税公課や保険料などがよく取れた記憶が。

科目印は回転式の台に収納されていて、購入時についていたビニールカバーを真っ黒になっても破れても使っていました。

後から入社した方が見かねて、イケアの布でかわいいケースを縫ってくれました。

またOA機器用のカバーも同様にズタズタのまま使っていたところ、そちらも共布でカバーを作ってくれ、一気に事務所が華やぎました。こういうの大事です。

もちろん必要になったら手配しますが、専用のハンコがなくても開業後1年間無事やってこれました。

そんなん知ってるわ!という話ですみませんが…こんな私の履歴がどなたかのサンプルの1つにでもなれば幸いです。

【昨日の一日一新】

iPhone用無印良品アプリ

機種変更用のIDなどを保存してましたが、うまくいかず。ポイントも少なかったので大丈夫です。同じアプリでもAndroid用とは仕様が微妙に違ったりして、なかなか面白いです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする