茶道と陶芸と話し方の先生から同じことを言われました

Pocket

使用前

ろくろを上から見たところです。

お茶碗を作っています。真ん中に伏せたお茶碗があり、周りを固定して底に高台を作るところです。

刃に削りくずがつき、固定している粘土はぐっちゃぐちゃです。

実際はこれよりもっとひどく、先生は悪戦苦闘する私を見るなりこう言われました。

“慌てない!”

そして

“一つ一つ道具を綺麗にして、きちんと置いてからやりなさい”

先生は刃の先についた粘土を取り、固定する粘土を丸め直して私の手直しをしてくださいました。

恥ずかしながら、下手くそな上に意識も回ってなかったです。

こういうの、教わらなくてもやる人はきちんとやれます。生き方が出ます。

使用後まだへったくそですけど、ほんの少しマシになりました。

とどめに

“家庭生活がわかりますな、わはは(笑)”

なぜばれたんでしょう!

言葉は多少違いますが、“慌てない”は、茶道と話し方の先生にも近いことを言われました(^_^;)

先生方の評価にブレがないので、私は裏表がなくてその点はよいかも?しれません…。

なのでひとつ直せばすべてが良くなる可能性があります。

落ち着いてやっていきます。ジャンルは違っても、プロの方の見る目は同じですね。習い事は一つでよいのかも…。

さっきのお茶碗はこのあと素焼き→釉薬&本焼きをして完成です。

今回素焼きが終了したのは、以下の器です。

素焼き

左の背の高いのはビアマグです。

薄めた釉薬を掛けました。出来上がりはもっと赤くなり、焼き締めみたいになるそうです。

早くビールを飲みたいです!

釉薬をかけたあと

【昨日の一日一新】

アグリステーションなぐら

アグリステーションなぐらのかかし

かかしが沢山居ました。この人最高です。せこい人と書いてありました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする