あれから30年も!渡辺美里さんのアルバムribbon30周年記念ライブ“ribbon power neo”に行ってきました

Pocket

渡辺美里さんの『ribbon』というアルバムの発売30周年記念ライブに行ってきました。

高校の頃にファンになるも(簿記を勉強するきっかけにもなった、当時松山商業の水口栄二さんがファンだった、という単純な理由)就職して仕事と受験勉強に追われている間に、ライブに行く機会を逃しておりました。

先日ひょんなことから美里さんを検索したところ、ちょうど一番好きだったribbonの30周年記念ライブがあるということを知り、急きょチケットを取って行ってきました。

山本さんほんとありがとうございます!

こちらは6月末から始まる全国ツアーのポスターです。

そのツアーの前に東京・名古屋・大阪だけですが、アルバムribbonの曲のみ、アルバムの順番どおりに全曲歌ってくれるというスペシャルなライブが開催されました。

よってあの有名な曲はこのアルバムには入っていないため今回は歌われないのですが、いいんです(聞きたかったですが(^^;))。わたしはこのアルバムが大好きで超・お気に入り曲が5曲あります。テープがのびるまで聴きました。生で聞けるなんて夢のよう。

着いたら開演ギリギリで、丁度私の好きな曲 セットオンユー(ジョージ・ハリスン)が流れていました。

気合を入れて髪を急きょポニーテールにし(2階一番後ろなので誰も見てません)当時を思い出しながら満喫してきました!

うっかりポニーテールのまま電車に乗って帰りましたが(^^;)せっかくなのでリボンもしていけばよかったです。当時はリアル・バブリーダンスの頃でした。

途中、番組でよく共演されているぐっさん(山口智充さん)とDJの川本えこさんの80年代トークもはさみながらで、あっという間の2時間でした。東京大阪名古屋とゲストが違うらしいです。

ぐっさん家からのリボン付きのすてきなお花です。ライブ終了後の場内写真不可だったので、その分こちらをしっかり撮ってきました。

余談ですが、アルバムで一番好きな曲「彼女の彼」で

“ダッシュボード 並んでいるカセット“

という時代まるわかりな歌詞があるのですが、ブログを書くときの画面“ダッシュボード“を見るたびに思い出しています(私ぐらいだと思います)。通常のツアーではあまり演奏しなさそうな曲なので(実際はわかりませんが)今回生で聴けたのほんとによかったです。

しかも、30年前とキーは変わらないうえにますますパワフルかつ大人っぽく進化されてて感動しました。相当練習されていると思います。

長年活動されている方でこうやって最新が一番かっこいい方、尊敬します。ぐっさんも最新が一番!なタイプで、その話で盛り上がっててよかったです。

あの曲もそうですが、やっぱり小室さんの曲はいいですね。ほかに大江千里さん、岡村ちゃん等作曲陣も豪華で、当時21歳の美里さん、すごいなーと尊敬しました。

もしかしてこのペースでアルバムの都度ライブもされるのでしたら、行きたいです!

ちなみにこの記事のタイトル『あれから30年も!』も渡辺美里さんの『10years』という曲の歌詞“あれから10年も”から取りました。

30年後改めて聴くと感慨深いです。リアルタイムで聴いてた時は未来のことなどピンときてなかったですが、「あと10年後って自分たちどうしてるんやろ…」みたいな会話を終了後同世代のファンの方々が話していて、ほんとどうなってるんやろ…と心の中で思いながら帰りました。

【昨日の一日一新】

・渡辺美里さん

・ぐっさんの花火の物まね

・アトリエうかいのクッキー(楽しみにとっておいたら賞味期限が迫ってました)

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする