独立後に増えた直接支払いの数々 私の覚書

Pocket

独立してから、自分で直接払うものが増えました。

切り替え手続きはあと1つ残してだいたい終わりました。覚書をします。

住民税 毎月の給与天引きから年4回払いに

退職前に手違い?で、今年分は最初から普通徴収になっていました。おかげで、住民税のボリュームを(今更ですが)早いうちに自覚できてよかったです。

3カ月分ずつの年4回の前払いですが、まとまると結構な額になるのでびっくりします。ふるさと納税を今年は少し増やしました。

特別徴収もそうですが、普通徴収も口座振替が基本できないようです。

金額が変わる可能性があるので難しいのだと思いますが、他の支払いと違うので要注意です。

社会保険→健康保険は任意継続、厚生年金は国民年金 前納がお得

健康保険は、2年間だけ元の標準報酬のままで続けられる“任意継続”にしました。試算すると国民健康保険より割安でした。

任意継続と国民年金は、資金繰りに余裕があれば、半年、1年、2年単位(国民年金)の前納一括払いにすると保険料が年4%の複利現価法の割引になります。

一度に377,310円支払わないといけませんが、2年前納だと、毎月払うより15,690円少なくなるそうです!

2年で15,690円(手取り)を都市銀行の定期預金の利息で増やそうとすると、0.01%の場合は約1億円預けないといけません…。

それを考えると、随分わりがいいです。

また、国民年金には月400円上乗せできる“付加年金”という制度があり、恥ずかしながら初めて知りました。

これは、そもそもの年金支払い期間さえ満たしていれば、たとえ付加年金の支払い期間が短くても掛けた月数×200円が受給時に上乗せされるそうです。

国民健康保険は自治体によって支払回数は違うようですが、名古屋市の場合は一括払いは無いとのことです。

国民年金のみ前納にしました。他は様子見します。

税務ソフトのリース代

概算額を聞いただけで、まだ明細がきておりません。(請求しないと明細がでないと言われました。)

ここは一番明朗会計にしておかないといけないのに。

独自の商慣行があるのでしょうか?今まで先生任せで知らなかったです。

別途かからなかったもの→家賃、通信費、水道光熱費、事務機器等のリース代

自宅を事務所にしたので、家賃・通信費・水道光熱費は今まで通りの支払いです。

最初から事務所を借りなくて良かったです。

リースや資産計上するような大きな備品等も買わずにすみ、助かりました。

ほか、登録してからは税理士会の会費が発生しています。

とにかくお金がバンバン消えていきます…。何とかしようと思いました。

【昨日の一日一新】

カカオ分100%のチョコレートを自作ココアバターとカカオマス 残っていたココアバター(左)とカカオマス(右)を刻み、湯せんで溶かして作りました。

簡単で砂糖なしでもおいしいです!しかもカカオ分100%で、味や食感も高級チョコレートです。

ちなみにカカオマスだけでも食べられますし美味しいです。(どちらも濃すぎるので少しにしておいた方がいいです。)

今度は、カカオ分が70%ぐらいになるようなミルクチョコやヘーゼルナッツチョコなども作ってみたいです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする