PAULのモーニングで気づいたこと 心が変われば行動が変わる

Pocket

先日、東京の講座に行った際にモーニングに行きました。

PAULでモーニング

ボッケボケ写真が続くと思いますが、すみません。急いで撮るもので…。

PAULというフランスの老舗パン屋さんで、名古屋のお店は残念ながらなくなりましたが東京を中心に全国に10店舗ぐらいあります。

日本の公式HPよりも、webマガジン“パリマグ“の方が詳しいです。クロワッサン生地はフランスから直輸入しているとのこと。

店内はこんな感じです。命からがら逃げてきた今しがたの通勤ラッシュがうそのような、ゆったりした空間でした。

モーニングは2パターンあります。クロワッサンorパンオショコラ+ドリンクで648円のものと、サラダやゆで卵&パン(3種類から1つ)で864円のものです。

思い切って864円のほうを注文しました。おいしそう!心豊かな気分になります。

ホットコーヒーはおかわり自由です。

すいていたので、ひとりでゆったりテーブル席で過ごしました。めったに行けないので、思い切って寄って良かったです。カウンター席も素敵だったので、次はそちらも行ってみたいです。

名古屋にもありましたが当時はほとんど行かなかった

PAULは昔、名古屋にもありました。

いまの高島屋ゲートタワーやJPタワーができる前で、テルミナ1Fの市バスターミナルや松坂屋名古屋駅店の近くだったと記憶しています。

リンク先の食べログのレビューを見ると、名古屋が日本のPAUL1号店(当初は栄の松坂屋本店)だったようです。人気のお店でしたが、2010年8月にビルの工事に伴い移転せず撤退されました。

この名古屋店にもイートインがあったのですが、入ったのは今回が初めてです。

当時はパンや食にあまり興味が無く、PAULも2回ぐらいは行って美味しかったのですが、高くて閉店の時にも行かなかったような。

この2010年頃の私は、今までの不摂生がたたって体調が悪く、ようやく普段の生活や食が大切だということに気づき始めました。

料理教室にも行き始めていたのもあって、素材にも興味がわき、選ぶ食べ物も徐々に変わりました。

パンにも目覚め、素材のよい本格的なパンはやはり美味しく、それなりにコストもかかるという当たり前のことにやっと気づきました。そのころにはもう名古屋にPAULはなく…。

でも気になったパン屋さんは行ける範囲で沢山行きました。気が済んだのでいまはパンブームは落ち着きましたが、素敵なお店を見つけると必ず立ち寄ります。

心が変われば行動が変わる

それにしても、それまで特別に興味がなかったのに、いったん関心を持つと急にパンの素材がとか言いだして。味の違いは正直そこまでわからないのですが。大切さはわかりました。

心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる

(出典についてはレファレンス協同データベース参照)

私のパンは、まさに“心が変われば行動が変わる“のわかり易すぎる例です。

この言葉は松井秀喜選手はじめ色んな方の座右の銘として紹介されています。

語源はウィリアム・ジェームズ(心理学者・哲学者)の言葉・ヒンズー教の教えなど諸説あるようです(リンク先のレファレンス協同データベース参照 アクセスランキングも上位です)。

このあと運命が変わるところまで行ったかはわかりませんが、食習慣までは変わりました(いまはアバウトですが)。

名古屋店撤退後7年経って行けたPAULのモーニング。最初はこの贅沢の言い訳をどうやって書こうか悩みましたが、書き始めたらこんなに気づきがあるなんて。

もしかしたら、ちょっとぐらい運命も変わっているんではないかと思えました!(単純)

【昨日の一日一新】

Dropbox ファイルリクエスト 設定のみ

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする