ワンオペ主力事務員さんの待遇を『どげんかせんといかん』と思ってます

Pocket

先日行ったガストの呼び出しボタンが、私のマウスとそっくりで間違えそうになりました。

このマウスのトラックボールは赤ですが、ロジクールのと入れ替えて使っています。

独立してから、自分の意外なキャラに気づきました。

おせっかいおばちゃんになっているのです。

もともと気が利くタイプではないし、人付き合いも悪いので、ふつうの(ボサッとした)おばちゃんになっている自覚だけはありましたが。

お客様のところに訪問して、またメールや電話なので直接やりとりをするようになって社内の様子やみなさんのお気持ちなどを少しずつ感じ取るようになってきました。

(鈍感なので気づいてないことの方が多く、実際はフォローしてくださってることの方が多いです。)

ずっと従業員だったので、社長の気持ちより従業員さんのきもち、しかもワンオペ気味の主力の事務の方のきもちがすんごいわかります。つい肩入れしてしまいます。

だいたいが女性で、社長の奥様か、長年やっている他人の場合の両パターンあります。

みなさん優秀で人一倍気が利きます。まじめで、判断も客観的で自分のことより会社目線で動かれ、陰になり日向になり社内のよろず業務を支えています。

そのおかげ?か、社長は仕事ができるタイプですが、意外とよろず業務が得意でない方が多いです(私の知り得る限りなので偏ってますが)。

よって長年の信頼関係でドンと任せていて、その主力の方の優秀さに気づかず、ワンオペの大変さやありがたみ?を当たり前のように感じてらっしゃる気がします。

いや、そんなことはないと思うのですが、そのあたりの感謝の言葉が足りてないかも、とは時々思います(^^;)

もちろん社長の苦労も大変で、違ったジャンルゆえ比較はできませんが、この見えない苦労や貢献度のすごさといったらもう。

私が忘れられないのは、(私もご一緒したその会社の)慰安会に向けての移動中に

「ハッ!!今日はきっと席決めのくじ引きをする!だれか紙持ってないかしら?」とうっかりしてた自分を責めながら、移動中の車内にて、大急ぎで裏紙でクジを作り始めた方がみえました。

もちろん大いに役立ちました。人数もぴったりで。

ものすごく気の付く方で、その方のこと、ずっと尊敬しています…。

社長もほかの社員の方もあまり気づいてなさそうですが、この方がいなかったら会社が回って行かないのではと思います。

責任も重いですし、他の方に任せられないタスクも多々しょっていらっしゃいます。

私もお局様時代に多少はそんな役目もありましたが、「あーあ大変!」などあからさまにアピールしていたので、だんだんとそんな役目も減っていきました。

その方たちはアピールもせず謙虚にこなされることのほうが多いです。何と健気な!

でも、これではまずいです。

今の状態で何となくやれてはいますが、こういう個人頼みになってしまうのは会社としてもよくないし、第一責任が重すぎるし拘束されすぎています。

どげんかせんといかん。

おせっかいおばちゃんのこの私が、新参者ゆえ遠慮なく乱入しやすいこの有利な立場を活かし、間にはいって行きます。そして全員が楽になってうまく回っていくよう、いろんな手段をつかって調整していこうと思っています。

至りませんが、いろいろお聞きするところから始めています。

【昨日の一日一新】

椿茶園で買ったどら焼き

郵便局でトートバッグやえいこくやの紅茶など景品どっさり

LS1乳酸菌タブレット

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする