奥飛騨慕情その5 飛騨高山に行きました

Pocket

奥飛騨温泉郷その5 飛騨高山に行きました。

7月の連休2日め、奥飛騨クマ牧場と新穂高ロープウェイと沢山行ったのでもう早く帰ろうと思ったのですが、微妙に遠かったのと、せっかくここまで来たので行きに通過した飛騨高山に泊まることにしました。

(高山駅前近くのいわゆる飛騨高山の観光地と奥飛騨温泉郷はちょっと離れてますが、どちらも高山市ですしとりあえず奥飛騨慕情でくくりました。ちなみに奥飛騨慕情とは、その1で書きましたが竜鉄也さんの昭和の大ヒット演歌のタイトルで、そこから拝借しました)

奥飛騨温泉郷の奥飛騨ガーデンホテル焼岳の前にあった『急行焼岳』、この前を通ること5回目ぐらいでやっと撮れました。カラオケ列車として使われているようです。

通りすがりに気になるものがあるといつも撮るのですが、鈍臭いので気付くのが遅かったり、カメラ起動に失敗したりしてほぼ撮り損ねます。今回は大雨の影響で通行止めが多く迂回路としてこの前を何度も通ったのが幸いしました。

また前を走るトラックの連結部分にすごく興味をもち、背後から追いかけてカーブを狙ってやっと撮れました。途中で別れましたが、きっと道路工事に向かわれていたのだと思います。かたや私は道楽で申し訳ないですが、こうして無事旅ができてほんとに感謝です。

JR高山駅前です。

久しぶりに来たらだいぶ変わっていました。手前が高山駅で、2016年にリニューアルされています。奥の建物は2020年4月にオープンしたばかりの東急ステイ飛騨高山です。どちらもモダンな雰囲気で、落ち着いたらワイドビューでも行ってみたいです。

着いたのが夕方だったので急いで古い町並みの方に行きました。

昼間はもう少し賑わってだと思いますが、天気も悪かったので人はものすごく少なかったです。

この橋にもこんなユニークな

手長足長像というそうです。上の写真が手長、下の写真が足長です。

いつも大混雑で見えてなかったので、今回初めて知りましたが、なんと飛騨の伝統工芸の一位一刀彫とのことです。

よくTV中継のある地点にちかいです。割と静かでしたが、水は引いててよかったです。

天気も悪くて、しかも夕方で閉店していたお店も多かったのもありますが、今までに比べたらびっくりするぐらい人は少なかったです。

今までの休日なら、高山駅のホームを降りて古い町並みまで一帯がずっと人の頭しか見えないぐらい混雑しておりました。お盆はどうなのかわからないですが、こんな写真が撮れるのは今だけかもしれません。

私の目当ては飛騨地酒蔵です。間に合うか心配でしたが、閉店間際に何とか滑り込みセーフでした。

古い町並みには酒蔵ごとのお店も沢山ありますが、ここにはこのようにいろんな酒蔵のお酒が揃っています。まわる時間がなかったので助かりました。

山車の花酵母造の純米吟醸とかぼちゃ甘酒を買いました。

山車はさっそく部屋で飲みましたが、美味しかったです。

招き猫もマスク姿でした。

夕食後高山駅にもう一度行きました。

ほんとは帰りに撮りましたが、高山で降りてすぐに見る光景です。

特急は終わってたので誰もおらず静かでした。

令和2年は春も秋も中止になりましたが、高山祭もいつか見てみたいです。

また行きます!

マンホールも素敵でした。

【昨日の一日一新】

・日本酒 信濃鶴

居酒屋さんでたまたま注文したら美味しくてびっくりして、冷酒と熱燗両方頂きました。どちらも美味しかったです。

調べたら長野の小さな酒蔵で、全量純米酒かつ酒米は全て美山錦、美味しくて毎日飲めるお酒を目指しているとのことでした。売ってるの見つけたら買いたいです。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする