奥飛騨慕情その3 奥飛騨クマ牧場に行きました


奥飛騨温泉郷で福地温泉に泊まった翌日、旅館のポスターを見て知った奥飛騨クマ牧場に行きました。

クマに会うのは、去年の夏の北海道旅行中に知床でヒグマが飛び出してきたとき以来です。何も調べてなかったのですが、旅館からも近いしとりあえず寄るだけでもと、気軽な気持ちで行ったらすごく楽しかったです!!!お子様連れのご家族が多かったですが、大人でも楽しめますので是非。ちなみにちゃんと管理されているのでこわくないです。

駐車場は2か所あるみたいで、横づけできる方に停めればよかったです。長い坂を歩いてたどり着いたときにスマホを忘れたことに気づき、もう一度駐車場に戻りました。疲れ果てましたが、そのあと素敵写真が沢山撮れたので、やっぱり戻ってよかったです。

竹尾歩美さんのサイン入りパネルがありました。今調べたら三重県出身の人気の声優さんで、嬉しいです!

ソーシャルディスタンスをとりつつテーマパークに向かいました。

雨はまだ降ってなかったですが時期が時期だけにお客様もそんなに多くなくて(クマよりは多かったです)、でもほどよい賑わいで楽しめました。

あそぼうよ、とのかわいい写真を見ても色々な事件ばかり聞くのでほんとはちょっとこわかったのですが、テーマパークですしルールを守っていれば大丈夫です。

エサやりやこぐまとの記念撮影ができます。

場所ごとに、そこにいるクマの名前と生年月日がありました。見分けられないのですが、よく見るとみんなかわいいです。もっと沢山ありました。多分番組の企画だったと思いますが、たしか照英という子もいました。

エサを食べているので冬眠しないとのこと。みんな1月・2月生まれのやぎ座&水瓶座ぞろいでした。私と同じ2月16日生まれの子がいるか探しましたが、残念ながらいなかったです。

こちらはこぐまの方です。

最後にこぐまと記念写真も撮りましたが、クマよりパンチのある風貌だったので自粛します。

えさやりに燃えてしまいました。まずはビスケットを買いました。受付や売店、自販機などで買えます。

エサ独特のにおいがしますが、けっこうたっぷり入っています。

もうクマさん達は勝手がわかっているので、エサをくれる人を見つけると立ち上がり、

または座ったままで、このようにアイコンタクトを取ってキャッチャーミットのように「ここに投げて!」と構えてくれます。リードがうまくて助かりました。

多少コースが外れても、上手に食べてくれます。投げるの失敗しても、ちゃんとあとでのそのそ歩いて食べてくれました。

立っている子を見ると、やっぱり宇野選手ヘディング事件を思い出します。

でもばっちり食べてくれました。こっちだよ、と目を合わせてくれる動きが何とも言えずかわいくてやみつきになってエサが足りなくなり、

売店にしか売ってないドライフルーツを買い足しました。

このドライフルーツ、あまりにも美味しそうで売店の方に聞いたら「クマも人も食べられるよ」と言われました。試しに食べたらすっごく美味しい。もう一つ買ってお土産にしました。こちらも一袋200円ですが、受付でまとめ売りもしてたので人間用のお土産にもいけるんだと思います。そして旅行のお供にもぴったりです。

こぐまロッジでは時間限定でこぐまとの写真撮影ができます。私の写真は割愛しますが、かわいいこぐまの写真だけ載せます。

ずっと見ていられます。めちゃくちゃかわいかったです。

帰りに栄養ドリンクを買いました。すっかりクマのとりこになったところであれですが、おいしかったです。

かわいかったです。ゴロゴロしている姿は自分を見ているよう。また行きたいです。

【昨日の一日一新】

・きくぱんベーグル

・ミルメーク バナナをヨーグルトにかける

・家康B

Follow me!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した名古屋在住の女性税理士&唎酒師です。今のところお仕事以外のことをメインに書いています。